胸のたるみが気にならなくなって、10年ぶりにTシャツを着れそう!

Tシャツの男性

こんにちは、出戸です。

昨日の夜にレッスンを受けられたFさんが
こんなことを言われました。

「10年ぶりにTシャツが着れそうです。」

Fさんは30代後半の男性の方ですが、
もともとは頸椎ヘルニアの症状で来られ、
今は痛みもなくなり、さわやかな体になっています。

現在はもっと疲れない体にして、
サッカーもしたいということで、
体のレベルアップのために来られています。

そんなFさんが
「10年ぶりにTシャツを着れそうです。」
と教えてくれました。

30代に入ったくらいから体重が増えて、
ビール腹と胸のたるみが気になるようになった
そうです。

特にTシャツ一枚だと、
胸のたるみがみっともなくて、
Tシャツで外出することができなくなったそうです。

なので、
暑くても上からシャツをはおって、
胸のたるみを隠していたそうです。

それが、姿勢が変わったことで、
体重はほとんど変わっていないのに、
胸のたるみが気にならなくなり
ました。

ボテッとしていた足もしまってきたそうです。

そして、
Tシャツ一枚の自分の姿に自信がもてるようになり、
今度久しぶりにTシャツを買いにいくんだそうです。

うれしそうに教えてくれました。

Fさん、やりましたね!

Tシャツは体の線が出やすいので、
たとえ1000円のTシャツを着ていても、
姿勢のいい人が着るとオシャレ
に見えます。

今のFさんなら、
格好よく着こなせるはずです。

毎年夏休みはお子さんを連れて、
プールに行くそうですが、

上半身裸でも堂々とできるくらい体が変わったので、
プールに行くのが楽しみだと、
子供のように語っているFさん、カッコいいです。

男なら、
何歳になっても格好よくありたいし、
格好よく見られたいものです。

痛みを根本的に解決するには、
姿勢が良くなることが必要不可欠ですが、

姿勢が良くなると、男性なら格好よく、
女性ならキレイなスタイルになります。


世間一般では、
痛みは痛み、キレイはキレイ(美容は美容)と
分けて考えられることが多いです。

ですが、痛みを根本的に解決するには、
格好よく、キレイになることが必須条件
といえます。

あなたは自信をもって
Tシャツを着こなせますか?
夏本番にはまだ間に合います!

Fさん、
次回はさらに格好よさに磨きがかかるように、
姿勢を進化させてきます。

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ