出戸啓介の整体物語

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

整体をはじめたキッカケ

私が整体を始めるキッカケについて、お話ししたいと思います。
ちょっと恥ずかしいですが公開しますね^^

私は社会人3年目(2007年)のときに結婚しました。

結婚はおめでたいことですが、
実はその当時私の妻は目の病気を患っていました。

どういう病気かというと、
・目が重くてあけられなくて
・目がとても乾いて目があけられない
・目をとじてても目の奥がいつも痛い
という状態で

ほとんど寝たきりのような状態でした。

だから、外出するときも目があけれないので、手をひいて車まで連れて行って、近くで買い物がやっとでした。

それでいろんな治療を受けに病院や治療院へ行きました。
良いと聞いたらどこへでも出かけて行っていました。

東京、大阪、名古屋、九州、いろんな所へ行きました。
それでもなかなか目は良くならなくて、ずっと悪い状態が続いていました。

それから2年ほど経ったある日。
整体のチラシが新聞に入っていました。

そのとき私は初めて整体というものを知りましたが、
そのチラシに「目も良くなりますよ」と書いてあったので、妻と一緒に行くことにしたんですね。

実際受けてみると、ちょっとだけ、本当にちょっとだけ良くなる感じがしたんです。

ちょっとでしたが、それまでちょっと良くなる感じすらなかったので「整体って、すごいな」と思いました。

世の中にはいろんな治療ありますが整体は鍼も使わないし、道具も使わない。
整体は腕1本で良くするんですね。

それで、私自身すごく興味を持ったんですね。

学生時代は水泳や陸上、空手などをしていて、身体にはもともとすごく興味がありました。

でも、仕事は一日中座ってパソコンでしたので
身体をつかって何かしたいという気持ちがどこかにあったんでしょうね。

整体を知って、これは面白そうだと思って、勉強しはじめたんですね。

そして、どんどん整体の面白さにのめりこんでいき、仕事をしながら、整体の学校に通うようになりました。

学んでいると、次第に整体を学びたいという思いが
整体を仕事にして、いろんな人を救っていきたいという思いに変わってきました。

それで、学びはじめて1年後の2010年のときに整体院を開業したんですね。

当時は石川県で開業しました。
現在は三重県桑名市で営業していますが、はじめは石川県でのスタートでした。

開業後どうなっていったのか、、、

開業後どうなったか

整体院を開業して、その後、どうなっていったのか。

2010年に開業して、順風満帆でうまくいったかというとそうではありませんでした。
はじめはお店を開いていてもほとんど来られる方がいなくて、閑古鳥が鳴いているような状態でした。

それから、いろんな勉強をし始めて、2年目に入ったころからようやく来られる方が増えてきました。
痛みがある方や、体の調子が悪い方が来られるようになってきました。

そして、学んできた整体の技術で、改善に導くことをしていったわけですが、
最初はなかなかうまくいきませんでした。

整体学校で教えてもらった通りにやっても、痛みが良くならなかったり、不調が改善しないんですね。

学校では整体の練習はしますが練習相手は健康な人です。
実際のところ、痛みや不調を改善させた経験はほとんどありません。
うまくいかなくて当然です。

「あれ?何でなおらないんだ」ととても悩みました。

そして、悩んだ末、有名な先生のところに学びにいきながら、すこしずつ自分の技術、自分の腕を磨いていきました。

すると、だんだんと痛みやシビレ、身体の不調を改善できるようになっていったんですね。

その後も技術を磨いていき、次第に

・腰が痛くて夜もねむれない方
・足にすごく痛みがあって全く歩けない方
・一日中、足にしびれがある方

も改善できるようになっていました。

そして、紹介や口コミがひろがって、予約でいっぱいになるようになりました。

そんななかで、開業してちょうど4年目、2013年のある日、事件がおきたんですね。

その事件とは、、、!?

4年目におきた事件


※訂正:動画中にでてくる事件がおきたのは2013年です。桑名移転は2014年です。

事件がおきたのは2013年の夏でした。

そのころ、私のお店はおかげさまでとても繁盛していて、予約でかなりいっぱいの状態でした。
痛みが解消したり、身体の不調が改善したり、たくさんの方に喜んでいただいていました。

でも、私には大きな悩みが一つありました。

その悩みとは身体が良くなっても、痛みが再発したり、不調をぶり返してしまうことでした。
そういう方は再発をおそれて、生活をセーブするようになります。

例えば、腰痛が再発することをおそれて重い物をもたないようにしたり。
また足が痛くなるのを心配して、歩いて遠くに行かないようにしたり。
体調がえらくなるのが不安で旅行にいきたいけど、やめちゃったり。

痛みや不調があったときからすれば痛みや不調がなく生活できるのは良いことです。
幸せなことです。

でも、どこかで身体を心配して自分のやりたいことをセーブして生活してる人が多かったんですね。
これは私にとって本意ではありませんでした。

私がなぜお店をはじめたのか。
何のためにお店をやっているのか。

というと、痛みや身体の調子が良くなって、思いっきり自分のやりたいことをやってほしいからです。

ショッピングへ行きたければ思い切り楽しんでほしい。
友達とランチしたければランチを楽しいでほしい。
旅行に行きたければ、旅行を満喫してほしい。
スポーツや運動をやりたれば思いっきりしてほしい。

そんな思いがあってのことなんですね。

だから、ぶり返すのをおそれて、体にセーブをかけてしまう。
やりたいことに我慢してしまうのは、本意ではなかったんですね。

それで、私は忙しい合間をぬって、どんどん研究をしていきました。
東京や大阪にある整体学校や有名な先生のところに行って勉強しました。

そんなときに事件がおきたんですね。

とても忙しく生活していたので、私自身が倒れてしまったんです。
当時のことは思い出すのも嫌なぐらいの出来事でした。

救急車で運ばれて、何とか一命をとりとめたんですが
呼吸ができなくなって手足が硬直して、うずくまった状態から身体を動かせなくなってしまったんですね。

病院の先生からは「体は大丈夫だから明日から仕事していいよ」と言われました。

でも、とても働けるような状態ではありませんでした。
ご飯をちょっと食べただけでも気持ち悪くなって吐きそうになってしまう。
体が重たく、息苦しくて、寝ていることすらツライ状態でした。

精神的にも追い込まれていて、とても仕事はできませんでした。
それで、しばらくお店を休業することになったんですね。

そして、、、

事件後どうなったか

開業して4年目におきた事件の後、どうなったか。
体調を崩して仕事ができなくなって休業することになった後の話です。

結論から言うと、復活して仕事をできるようになったんですが、順調に回復したわけではありませんでした。
2週間、全く動けない状態でした。

当時、私は整体をはじめて4年目でした。

なので、 いろんな治療技術や施術方法、自分で体を良くする自己療法もたくさん知っていました。
それで、自分でいろいろ試したりしたんですね。

でも、施術や自己療法をすると症状が悪化してしまうんです。
もう良くしてるんだか悪くしてるんだか分かりません。

気持ち悪さが増して、寝込まずにおれなくなり、息苦しくなってきて発作がおきる、そんな状態でした。
良くしたくても良くできない身体でした。
もうどうしていいか分かりませんでした。

そんな中、できることは電話しかなくて、いろんな先生に電話しました。

すると、ある先生が私の所まで、来てくれることになりました。
その先生に来てもらったことでちょっと良くなりそうな感じがしました。

そして、教えてもらった体操をやっていくと、劇的に身体が変わっていき、2週間後に仕事に復帰できたんですね。

この出来事で、治療や整体施術だけでは良くできない症状があることが分かりました。
自分で身体を良くすることの大切さを学びました。

しかも、教えてもらった体操は繰り返しやることで再発しない体になることが分かったんです。
大発見でした。

私が今まで研究してきて解決できなかった
・また再発したらどうしようという不安のない身体
・やりたいことが思い切りできる身体
・セーブしなくていい身体
になる手がかりをようやく見つけました。

それからその体操法を徹底的に学んで自分で体を直す知識と技術を研究しました。
自分でどうしようもないときそんな時は他人に頼って直してもらうことも大事です。

ですが、他人に直してもらってばかりいると自分で直す力が弱くなります。

すると、身体の回復力、抵抗力は弱くなり、無理できない身体になってしまうんですね。
セーブしないと、ちょっとしたことでも痛みがでたり、体調が良くなくなってしまうんです。

逆に、自分で直すってことを覚えて、積極的に取り組むことで、痛みが取れるばかりかより痛みが出ない体へとステップアップできるんです。
レベルアップできるんです。

私はこれを「身体の進化」と呼んでいます。

治療の目的は痛みをとることです。
体調の悪いのがなくなることです。

だから、マイナスをゼロにするのが治療なんですね。

治療にはゼロをプラスにする力はありません。
だから、無理できないんですね。

やりたいことがあってもセーブするしかない。
マイナスをゼロにしてゼロをプラスにするには自分で直すのが大事。
そんなことがどんどん分かってきました。

そして、私が整体施術をする方法から来られた方自身に直してもらうようになったわけなんです。
すると、整体施術だけをしている頃よりも喜んでいただけるようになってきました。

そんなときに、また事件がおこることになります。

2回目の事件とそれから

ちょうど2016年の夏でした。

私が開業したのは、石川県金沢市のすぐ隣にある野々市市(ののいちし)というところでした。
2回目の事件がおこったのは現在お店がある三重県桑名市に移転して2年目のときでした。

ある夏の日。

1回目の事件と同じ症状で、呼吸ができなくなって、めちゃめちゃ気持ち悪くなって、おでこがボーっとして呼吸困難の状態です。
パニックになりました。

そのとき、私は自分で体を直す方法をいろいろ知っていました。
そして、世の中にあるいろんな体操法やトレーニング法を学ぶのにどんどんのめり込んでいったわけですね。

そうやって研究している間に、いつの間にか忙しさのあまり体が疲れすぎて2回目の事件がおきてしまいました。
このときは1回目よりも症状がひどいんじゃないかというような状態で、1ヶ月間お店を休ませていただくほど体が悪かったです。

2回目なので、今どれくらいの身体の状態かがよく分かったのでそれがかえって精神的につらかったです。
ちょっと変な症状が出るととても不安になってしまうんですね。
不安から、また悪化してしまうことを繰り返しながらでした。

1ヶ月間、休ませていただいて、ようやく2か月目に入ったころから体が良くなってきて、また仕事ができるようになってきました。
本当にその頃は仕事を辞めようか、廃業したほうがいいんじゃないかというくらい追い詰められていました。

でも、私はこの2回目の事件で大きな気づきをえました。

・自分自身の身体をまだまだ分かってなかったな
・自分自身の身体がまだまだ改善しきれてなかったな

と気づきました。

復活してから、自分の身体を大事にしつつさらに研究を進めました。
自分で直す方法だけではなく整体施術にも力を入れるようになりました。

なぜかというと、整体施術を受けると自分自身で自覚してなかったコリや問題点に気づけるんですね。
施術を受けて、コリや問題点に気づいて、それを解消するために自分で直すセルフ整体を行う。

2つを組み合わせることで相乗効果的に身体を良くできる進化できることが分かってきたんです。

だから、私はおかげさまでとても元気です。

2回の事件でお店で提供している整体施術と自分で直すセルフ整体の両方が強化されました。
そして、今も現在進行形でどんどんレベルアップさせてます。

私は3回目の事件はおこらないと確信しています。
私自身の身体をレベルアップして進化させるために、月に最低3日はトレーニングの日をつくっているからです。

これからあなたと一緒に身体を改善し、もっと進化させていきたいと思っています。

お楽しみに!

これで出戸啓介の整体物語はいったん幕引きです。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

また新たな展開があったらお話ししますね。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2018 All Rights Reserved.