歩くのが軽いですか?

こんにちは、出戸です。

50代女性のMさんから整体の感想をいただきました。


整体感想

とても勉強になりました。
歩くことが軽いと思ったのは初めてです。




とても重みのある言葉です。

歩くことは手軽にできるイイ運動です。

実際、毎日一万歩を歩いて、めっちゃ元気な80代の人もいます。

しかし、歩くことで膝や腰を痛めている人が大勢いるのも、また事実です。

健康にいいと思っていた歩くことが、
逆に体を痛めることになっていることは、
私自身、整体師になるまで全く知りませんでした。

歩くことはいい運動ですが、
それは正しく歩いたときのことです。

正しく歩くとは、骨格の歪みなく、姿勢が崩れず歩くことです。

整体を受けて、骨格の歪みがとれて、姿勢が正しくなったとしても、
ほとんどの人は歩き出すと、すぐに姿勢が崩れ始めます。

整体の施術は、ほとんどの場合、
寝た状態、座った状態、立った状態で行います。

つまり止まった状態で整えます。

静止した状態でいくら歪みをとっても、
動いているときの歪みは整わないことが多いです。

なぜなら、動いているときしかおきない骨格の歪みや
姿勢の崩れがあるからです。

ですから、正しく歩くには、
寝転がって整体を受けるだけでは不十分で、
動いてもらいながら整体する必要があります。

今回は、動いてもらいながらの整体でしたが、
Mさんは今までになく、軽く歩けるようになりました。

良かったです!

もちろん、歩くのがつらい人は、
寝た状態や座った状態で整体していくのが
いいです。

何事にも順序があります。

さあ、歩くことが軽い正しい歩きで、健康になろう!

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ