足が重いという感じがなくなった。

こんにちは、出戸です。

レッスン後の感想をいただきました!


感想

足が重いという感じがなくなった。
うれしい。
がんばります。



重い足を軽くするには、
立腰することが大切です。

立腰とは、
腰(骨盤)を立てることをいいます。

逆に、腰(骨盤)が後ろへ倒れて寝ている人は、
足が疲れやすくなります。

同じスピードで同じ距離を歩いても、
腰が寝ている人は腰が立っている人の
倍以上疲れます。

なので、後ろに倒れて寝ていた腰が、
前へ起きて立つだけで、足が軽くなります。

足の重さ自体は変わらなくても、
体の実感として、軽く感じる
のです。

足が重いと、
足に湿布を貼ってみたり、
足をマッサージする人も多いです。

ですが、腰が寝ているままだと、
また足が重くなってしまいます。


ですから、
根本的に軽い足にするには、
腰を立てることが大切なのです。

Iさん、次回はもっと立腰して、
もっと足を軽くしていきますね!

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ