2017/12/02

一瞬で内臓の疲労度をチェックする方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -

はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。

詳しいプロフィールはこちら

今日は内臓疲労の簡単チェック方法についてお伝えします。
あなたの内臓の疲労度合いを一瞬でチェックして診断する方法です。

その方法は・・・

思いっきりお腹をぺこぺこにへこませます。
上から下まで全てのお腹がへこめば内臓疲労がないと思ってもらうといいです。

ですが、へこまないところがあるかもしれません。
人によってへこまない場所は違いますが、へこまない所は内臓が疲労しています。

なぜかと言うと、内臓はほとんどが筋肉でできているからです。

やわらかくて伸び縮みするのが、筋肉の疲労のない正しい状態ですね。
筋肉は疲労してくると、固くなって伸び縮みしなくなります。

そうするとお腹で言うなら、固くてへこまない状態になります。
ですから、お腹をぺこぺこにへこませてみて、しっかりへこむかどうか、これで内臓の疲労度が簡単にチェックできます。

さあ、あなたはどのくらいへこみましたか?

上は「みぞおち」から、下は「恥骨」と言われる下腹の一番下の所までペコペコにへこめば内臓疲労ナシとみていいです。
ここに内臓が収まっています。
結構広いですよね。

このみぞおちから恥骨までの部分は空洞になっていて、内臓は筋肉でできてますから、本来であればぺこぺこにへこむはずです。
へこまなかったとしたら、内臓が疲労してるってことです。

健康診断で内臓に異常がなくても、疲労してる人が多いです。
でも内臓疲労は、肩こりや腰痛のように自分ではなかなか自覚しにくいです。

だからこそ、チェックして解消していくといいんですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。

詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2017 All Rights Reserved.