2018/01/15

ストレスは悪ですか、善ですか

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

ストレスってあなたにとってどっちですか?

A.悪
B.善

ほとんどの人は、ストレスは悪いものだと思っています。
でも、ストレスは悪ではないんですね。
ストレスがなかったら、私たちは生きていけないからです。

例えば、車が急にぱっと飛び出してきたとき。
ストレスを感じなかったら、どうなるでしょうか。

ボォーっとしてる間に、ひかれてしまいます。

ですが、急に車が飛び出してきたときに、あなたの体が「あっ、危ない」とストレスを感じるからこそ、身をひるがえしたり、よけたりして、危険を回避することができるんですね。

他にも。

大事な仕事をしたり、試験勉強をするときに、ストレスを感じなかったらどうでしょうか。
緊張感がなくて、集中できませんよね。

私たちはストレスを感じるからこそ、緊張感を持って集中して、仕事をしたり、勉強に取り組むことができるんです。

というふうに。

私たちが生きてくうえで、ストレスは必要なんですね。
ストレスは、悪ではないんですね。

でも、一方で一般的には「ストレス=悪」だと思われています。
どういうことか。

ストレスを感じなくていいときにストレスを感じるのは、良くないってことです。

例えば、
・友達と会っておしゃべりをする
・ちょっと近くまで買い物に行く
・どっか好きな所に旅行に行く
こんなときはストレスを感じる必要がないですよね。

でも、普通は楽しいはずのことがストレスになる。

楽しみたいのに
・へんな緊張してしまったり
・息が苦しくなったり
・体がえらくなる

これは良くないってことです。
だから、ストレス自体は、悪でも善でもないんです。

じゃあ、どうしたらいいか。

身体をゆるめていくといいです。
身体がゆるむと身も心もゆるみます。
心底リラックスできます。

あなた本来のゆるんだ身体になれば
・ストレスはストレスとして
・楽しいことは楽しく
感じる身体になれます。

つまり、専門的には自律神経のバランスが整います。

ストレスは避けようと思ってもすべてを避けることはできません。
だからこそ、今日も身体をスリスリさすってゆるんだ身体でいきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2018 All Rights Reserved.