2017/12/01

腰痛が楽になる運動法 続

 

この記事を書いている人 - WRITER -

はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。

詳しいプロフィールはこちら

前回、上半身と下半身のつなぎ目の中半身の運動不足で痛みが出てくるので、中半身を固定せずに上半身と下半身が連動して動けるようになれば、腰痛も改善するというお話をしました。

今日は具体的に、中半身の運動にはどんな運動がいいのかをお伝えします。

中半身、骨盤周りの運動と聞くと、揺らしたり、いろんなダイエット法で骨盤を動かす方法がはやっています。
ですが、激しすぎて逆に痛めてしまったり、意外と腰痛がよくならないケースがあります。

痛みを我慢してやって、腰痛がなかなか改善しないっていう方が結構おられます。
私たちが推奨する中半身の運動は、激しいものでも、頑張ってやるものでもないんです。

どういうふうにやるか。

まず椅子に座って行います。
前ならえで腰に手をおく所、 ここが骨盤です。

この骨盤を腰を後ろに倒して、寝かせるような感じで後ろにコローンと転がしてあげます。

痛くない範囲でやってください。
もしここまでやって痛いようでしたら、途中まででいいです。

次にこの骨盤を前にゆっくりとじわーっとコローンと転がしてあげます。

次に後ろにコローンと転がします。
できれば目線は正面です。

今度は前にコローンと、じわーっと転がします。

運動不足の人っていうのは中半身が動きにくいので、滑らかには動かないかもしれないです。
ですから、必ず無理のない範囲で行ってください。

痛みを我慢したり、頑張ってグルッとするのはよくありません。
じわーっとやさしくコローンとやってあげてくださいね。

これはとても腰痛の運動には見えないかもしれないですけど、これがとても中半身、骨盤の運動になっています。
それぐらい骨盤が運動できてないってことです。

骨盤を動かす運動をしていても、実は中半身が動いていなかったという人は結構います。
だから、はじめは骨盤のコローンすら難しいと言われる人がたくさんいます。

さらに慣れてきたら、特にお尻の下の左右にある骨(坐骨)を意識しながらコローンと転がすといいです。
腰痛にいい中半身の運動になりますよ。

でも、もしこの中半身の運動が痛いようであれば、他にもやり方がありますので無理しないでくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -

はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。

詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2017 All Rights Reserved.