姿勢で読み解く平昌オリンピック

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

平昌オリンピック、熱戦が繰り広げられてますね。

スポーツをみるのは楽しいですね。

客観的にみれば「人間が動いているのをただ見るだけ」です。
でも、そこに楽しさ、おもしろさがありますよね。
もちろん人間ドラマとしての感動もありますが、感動する演技や滑りは動きそのもので魅了されます。

わたしの専門は「姿勢」なので、今日は姿勢からスポーツをどう見るかをお話ししたいと思います。

スポーツを姿勢で読み解くポイントは3つです。
1.腰が立ってるか
2.前モモが抜けているか
3.脱力しているか

オリンピックに出場している選手のなかでも、メダルを獲得するような一流選手ほどこの3つのポイントができています。

1.腰が立ってるか

身体のカナメである腰が立ってるかが、第一チェックポイントです。

腰がうしろに倒れてへっぴり腰だったら身体の力が伝わりません。
だから、腰が寝ていたらいい演技、滑りはできないですね。

力を発揮している選手ほど腰が立ってます。
普通の選手だったらこわがってへっぴり腰になるような場面でも、しっかり腰が立っています。

いかに緊張感なく、力感なく腰が立っているかが見所です。
今日から腰目線でみてみると、よりいっそうオリンピック楽しめますよ。

続きは明日!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2018 All Rights Reserved.