2017/12/05

内臓が疲労していると肩コリになる理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -

はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。

詳しいプロフィールはこちら

内臓疲労が肩こりの原因になるって知っていますか?

意外と知られていませんが、内臓が疲労していると肩こりになりやすいです。
内臓疲労していると、姿勢がくずれて猫背のような姿勢になりやすいからです。
すると、肩の筋肉がこりやすくなります。

なぜ猫背のような姿勢になると肩こりになってしまうのか?

例えばおなかが痛いとき、背中を丸めておなかを抱え込むような姿勢になりますね。
そうすると痛みが軽くなります。
おなかが痛いときに胸をはらないはずです。

内臓疲労の場合も、内臓が正しく働かない状態なので、体はなんとか内臓を正しく働かせようとして、猫背のような姿勢に自然となりやすくなります。
背中の肩甲骨の位置が斜め上に持ち上げられます。

すると、肩こり筋と言われる僧帽筋という筋肉が緊張するんですね。
だから、内臓疲労すると肩こりになるんです。

肩まわりだけ治療や整体をしてもなかなか良くならないという人は、もしかしたら内臓疲労から肩こりになっているかもしれません。
肩こりも内臓から良くする時代です。

この記事を書いている人 - WRITER -

はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。

詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2017 All Rights Reserved.