2018/02/17

膝が痛くなる3つの理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

今日は「膝が痛くなる原因」をテーマにお伝えします。

原因3つのうち1つ目は「骨盤のゆがみ」です。

骨盤のゆがみとは
・骨盤の左右の高さのちがい
・骨盤のねじれ
・骨盤の前後への傾き
のことです。

骨盤の左右の高さのちがいは、「前へならえ」のポーズで手をおくところの高さのちがいです。
骨盤のねじれは、骨盤が雑巾しぼりのようにねじれている状態です。

骨盤の前後への傾きは骨盤がうしろへ倒れている状態です。
寝腰のことです。

こんなふうに骨盤がゆがむとなぜ膝が痛くなるのか。
骨盤と膝が筋肉でつながっているからなんですね。

専門的には大腿直筋(だいたいちょっきん)という太ももの筋肉です。
だから骨盤がゆがむと、大腿直筋がひっぱられるので膝の位置がズレます。

膝がズレていると立ち座りやしゃがんだのときに痛みがでるんですね。
また、膝に負担がかかりますから長時間歩いたり、走ると痛みがでます。

骨盤は上半身と下半身をつなぐ中心に位置しますし、内臓を下からささえる大事な骨です。
だから膝が痛いときは、まず骨盤のゆがみをチェックしてみるといいですね。

チェック方法はカンタンです。

チェック1.
「前へならえ」のポーズで手を置くところの高さが左右そろっているかチェックする。

チェック2.
イスに座って両足をとじ、膝を真上から見下ろして膝が左右そろっているかチェックする。

両方そろっていたら骨盤のゆがみナシです。
もし、どちらか一方でもそろってなかったら、骨盤のゆがみをととのえましょう!

整え方はこちら!

膝の軟骨がすりへっていると、膝の関節が変形していると言われても骨盤がととのうと痛みが解消するケースがめっちゃ多いです。
膝が痛いからといって身体はつながっていますから、膝が原因とは限らないんですね。

よしっ!今日もキレイな骨盤でお出かけしよう!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2018 All Rights Reserved.