2017/12/11

なぜ夕方になると痛くなるのか

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

今日は「夕方になるといつも痛くなるんですが、なぜでしょうか?」という質問をいただきましたので、お答えします。

答えからいうと「疲労がたまって痛くなってる」とということです。

朝おきてから夕方まで
・家事をしたり
・仕事をしたり
・育児をしたり
いろんなことをしますよね。

すると体はすこしずつ疲労して、疲れがたまっていきます。
それで夕方になると、疲労の蓄積がピークになって痛みに変わるってことです。
それで「夕方になると痛くなる」がおこります。

疲労がたまっていくのに気づければいいんですが、ほとんどの人は気づけません。
気づけないのはあなただけではありません。
いつものことなので、慣れてしまって気づけないんですね。

例えば味の濃いものを毎日食べていると、薄味のものを食べてもおいしくないし、味を感じなかったりするものです。
濃い味に舌が慣れてしまって、舌の感覚が鈍くなってるんですね。

それと同じで、疲労をため込む生活が普通だと疲労を感じなくなります。
疲れを疲れと感じなくなります。
だからあなたが疲れたなと感じるときは、実はいつもよりもっと疲労がたまったときなんですね。

「夕方になると痛くなる」これを解消するには、まず自分で疲れがたまっていることを自覚することが大切です。
自覚しないと疲労を問題だと思いませんし、なんとかしようとも思わないからです。

疲労を自覚するには、疲労を解消するのが一番近道です。
体が楽になると、さっきまで疲れがたまってたんだと自覚できるからです。

繰り返しやっていくと、疲労がたまってるのが頭だけじゃなくて、体で納得できますよ。

合言葉は「夕方になると痛くなる」じゃなくて、「夕方になると楽になる」でいきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2017 All Rights Reserved.