背中の痛みと、息のつまりが楽になり、姿勢も正しくなりました。

越澤 元博様(49歳・男性・自営業)
【症状】背中の痛み、膝の痛み、息のつまり

越澤様

院長:当院に来られたとき、身体の状態どんな感じでしたか?

越澤様:やっぱり背中の真ん中あたりが5~6年前からきつくて、普段から重いっていうか、ひどいときには息がつまるような感じでした。

院長:当院に来て施術レッスンを受けて、どのように身体が変わってこられましたか?

越澤様:徐々に痛みもなくなって、自然と姿勢も正しくなりました。これは決して別に筋肉で立っているわけじゃなくて、なんか違う筋肉っていうか、先生が言うインナーマッスルっていうんですかねえ。そういうので立っているんだろうなっていう感じ。いつも使うような筋肉ではありませんので。

院長:今、その体操をやっていると思うんですけど、それはどんな感じですか?

越澤様:最初はびっくりしたんですけど、先生の熱意に打たれてやっているうちに、だんだんニコニコなりますし、表情豊かにやればやるほど結果が出てくるっていう、面白いです。

院長:素晴らしいですね。当院のことを誰かに勧めるとしたら、どんな人に勧めてあげたいですか?

越澤様:整体とか、お灸とか行かれて、それでも体調がイマイチという方にはひどくなる前に、身体が動かなくなる前にこちらに行ってみたらいいと思います。自分で治すみたいな感じですもんね。他人の手柄ではなく、自分でこうやって治せるので、とても良いと思います。またお願いします。

院長:はい、今日はありがとうございました。

越澤様:ありがとうございました。

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ