暑さによる体のダルさを解消する方法

こんにちは、出戸です。

整体の感想をいただきました!


感想

  • 体が上にのびた感じ。
  • 発声・表情で全くちがう。
  • 暑くてだるかったけど、元気になりました。


暑いと体はだるいものだと思っている人もいますが、
実は暑くても体は軽いものです。

小学生くらいの子供は、
暑くても真っ黒に日焼けするまで
毎日元気に外で遊んでいます。

しかし、子供が体がだるいと言うことは
ほとんどありません。

体がだるいというのは、ほとんど大人です。

では、
子供と大人は、体がどう違うのでしょうか?

それは血液などの体液の流れが
大人になるに従って悪くなるからです。

心臓から送り出された血液は
脳から手足の先まで体中をかけめぐって
体にたまった疲労物質を体外に排出する働きがあります。

血行が悪いと、
体にたまった疲労物質を運ぶことができないばかりか、
疲労物質を最終的に処理する内臓の機能も低下します。

ですから、
仕事や家事をしてたまった疲労物質が
どんどん体にたまっていき、体がだるくなるのです。

夏にだるくなりやすいのは、
暑いと体が疲労しやすいからです。

血行が良くなれば、
体のだるさも吹き飛びます。

血行を良くする最もシンプルな方法は、
骨格を正しい状態に戻すことです。

血管は、
骨を積み重ねた骨組み(骨格)の上に
のっています。

なので
骨格や骨盤が歪んでいると、
それだけで血行が悪くなります。

逆に骨格が正しくなると、
血管もまっすぐ正しくなりますから、
血行が良くなり、体や筋肉にたまった疲労が解消できるのです。

冷え性や下半身がむくんでいる人も、
血行が悪い可能性が高いです。

骨格と骨盤を正しく整えて、
夏のだるさをスッキリしよう!

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ