「来院者さまの声」の記事一覧

肩の激痛で夜中に何度も目が覚めていたのに、ぐっすり眠れるようになりました!

伊藤 誠様(68歳・男性・員弁郡)
【症状】五十肩、両肩の痛み、右肩の激痛、寝返りを打てない、夜中に激痛で目が覚める、肩が上がらない

院長:にこにこスタイルに来る前、来た時ですね、体の状態っていうのはどういう状態でしたか?

伊藤様:もう肩が痛くって。もうほとんど、右も左もだったんですけど、右のほうが痛くって。もうほとんどこの状態から、なかなか上がらなかった。ほんで、寝た時に寝返りを打てない。それぐらい激痛っていうか。

院長:激痛で寝返りが打てないぐらい。じゃあ、もう目が覚めてしまう。

伊藤様:夜中によう目が覚めるっていう感じですね。

院長:それはちなみに、どれぐらい前からそういう状態だったんですか?

伊藤様:始まりの、ちょっと肩が痛いなっていうのは去年の夏ぐらいからですね。整形外科さんへ通ってたんですけど、なかなか治らなかった。

院長:そこでは、どういう治療をされていましたか?

伊藤様:電気治療、低周波ですかね。
あれと、ちょっとマッサージ的なもの。
それで「動かしたらあかん」って最初言われたんですね。
「動かしたらあかん」って言われて、おかしいな、動かしたらあかんのかな、そこ全然治っていかんしなあって思って、半年ぐらいして整形外科さんを替わったんです、もう治っていかないと思って。
痛みも減っていかないということで替わったら、今度はそこではまるっきり逆の、「動かせ」って言われて。
それでこういう運動、回したりとかして、鉄アレイを持ってこれをせいとか。
それやっとって、ちょっとだけようなったかな、っと思ったんですけど、それ以上に良くならなくって。
で、そうやってやってる間に、自分の友達がここで、腰が痛かって治ったっていうこと聞いたもんだから、「1回行ってみたら」って言われて、それがきっかけでここへ。

院長:そういう経緯があったわけですね。
実際じゃあ、にこにこスタイルに来られて体っていうのは、どういうふうに変わりましたか?

伊藤様:月に4回、最初おじゃまして。
それで、あれっと思ったのが、痛みが少なくなったっていうか、それほど夜中に起きなくなって。
その激痛が少なくなったのと同時に、なぜかなっていうのがちょっと不思議で。
肩ではなく、腰中心の治療だったんで。
それで先生のお話聞いとる間に、あっ、腰が全部、良くなってくると全体的に良くなってくるんだ。
そういう形の上で肩がある。ちょっと良くなってくるんだねっていうことを思って。

院長:最初あんまり上がらなかったって言われたんですけど、今はどういう状態ですか?

伊藤様:今はもう上がります。上がるんですけど、ちょっとこう回したりした時に、ちょっと痛みが出る程度で、もうほとんど普通。こういう状態におれば、治っていっております。

院長:夜中の激痛は?

伊藤様:それはもう、全然ないです。

院長:それは良かったです。
にこにこスタイルのことを誰かにすすめるとしたら、どういう人にすすめてあげたいですか?

伊藤様:やっぱし、同じような痛みを持っとる人ですね。

あれっ、ウソ!人工関節にといわれた膝の痛みが気づいたらとれていました。

蛭川 照代様(71歳・女性・パート・桑名市)
【症状】膝の痛み、階段の昇り降りができない、スッと歩けない

院長:にこにこスタイルに来られたときの体の状態っていうのはどういう状態でしたか?

蛭川様:そうですね、右足ひざが痛くって。
3年ぐらい前に、もうほとんど歩けない状態になって、それからある接骨院へ通ってました。
で、お薬もらって、治療はもう、ちょっと遠いとこだったので、自分でリハビリの先生に教えてもらってやってたんですけど、なかなかそれ以上には、痛みが取れなくて。
で、人工関節にって言われたんです。

院長:ひざを人工関節に。

蛭川様:かかりつけの、その主治医の先生じゃなしに、たまたま行った時に副院長さんに診てもらったら、「これは痛い。もう痛くて寝られないだろう」って。
「いや、そこまでは」って。「これはもう、人工関節にしか治しようがない」って言われたので。
「えっ、そんなに悪いんかな」と思ったり。まず、そういうことまでして、人工関節で、それで正座できるとか何とかっていっても、完全にできないっていうこともわかってましたし。
そんなメス入れて、もう骨折してるとこ、どうにもこうにもならないんだったら、しないかんけど。
「いや、もうそれはいいです、私がんばってリハビリします」って言うて。
で、もうお薬もらって、それがなくなった時に、もう止めたんです、行くのをね。それでリハビリはやってたんですけど、で、ここの先生のチラシを見て。
最初は整体って言われれるから、指圧みたいにね、ボキボキッとか、ああいう状態のかなっていう感じでお伺いしたんです。
最初はね。で、いざお伺いしたら、全然自分の思ってる治療法とは違う。
で、現実に「えっ、こんなんで治るんかな?」って思いました、初めはね。
でも受けていくうちに、そう見えて、あーっていうあれではないんだけど、気が付くと痛みが取れてる。あれっ。

院長:それはどこの痛みですか?

蛭川様:ひざの痛み。ひざを痛めたのがね。で、あれっ。嘘、でも、そんなことないでしょって。
でも、ここにお伺いする前と明らかに違う、自分の体が。
で、背骨も、背筋もまっすぐになってきたし。
歩くのにやっぱり視野が、どうしても斜め下に目線が行ってました。
歩くのに怖いっていうかね。ひざが、こう。だから、最近はもう、胸張って。で、時々ウインドウで自分の姿を見て「あ、まっすぐだ」って。

院長:ああ、それはいいですね。

蛭川様:だから、ここでいろいろ受けて、自分にできることを今はボツボツとやってるっていうか。

院長:にこにこスタイルのことを誰かにすすめてあげるとしたら、どんな人にすすめてあげたいですか?

蛭川様:やはり、痛くって薬飲んでとかサポーター当てたりとかね、腰痛とかっていう人に言ってあげたいなと思いますね。

根本的なものから治していただいたので、腰とひじの痛みが良くなって、上がらなかった肩も上がるようになりました!

田川様(48歳・男性・会社員・桑名市)
【症状】ひじの痛み(テニス肘)、左肩が上がらない、腰痛

院長:にこにこスタイルに来られる前なんですけど、体の状態はどういう状態でしたか?

田川様:あの時はね、急に左肩が上がらなくなって。
それでたまたま妻が電話、ここのにこにこさんに電話してもらって、それから来させていただくようになりました。

院長:左肩が上がらないって、どんな感じ?

田川様:左肩がね、こう、こっから上がらないちゅうか。
もう、このへんから、上がらないちゅうか。

院長:急になったんですか。

田川様:急に。なんで、2、3日したら、ちょこっと上がっていくようになったんですけども。

院長:そういうことで来られたんですね。他には何か症状っていうのはありましたか?

田川様:あとね、右ひじがね、なんかまあテニスひじみたいな感じで、ずーっと痛みがずーっと続く感じであったのと、
腰が、もう何年か、4、5年前からかな。
もう脊柱管狭窄症ということで、その時は、立っていられなくなったりとか、ちょこっと歩いては、ちょこっと休んで、またそれの繰り返しで歩くような感じで、しびれがあって、それが続くようになって。
最近はその症状はないんですけれども、やっぱり1年に1回2回ぐらいは急に腰がぎっくりっぽく痛む。
そんな感じが続いていますね。

院長:先ほど、ひじが痛いからって言われたんですけど、これはどういう時に痛かったりしたんですか?

田川様:僕、仕事柄、重量物持ったりする仕事柄が多いものですから。
ハンマーを振るうとか、そういうのがあるもんで、どうしてもひじが痛い時は両手で、右手でかばったり、そういう状態で仕事をしてました。

院長:左肩が上がらないのとか、ひじとか、腰に対して、今までっていうのは何か対策とか、治療みたいなことはしていたんですか?

田川様:腰の時はやっぱり、そこらにいっぱいある、接骨院にありますわね。
よくもんでもらって、その瞬間だけは気持ちよくなって、まあちょこっとするとやっぱり痛いなあっていうのがずーっと続いてましたね。

院長:ひじなんかは何かされた?

田川様:ひじは結局、もう何もしなくて。まあサポーター巻いてるぐらい。それぐらいです。

院長:その後、にこにこスタイルに来られたと思うんですけども、来て体っていうのはどう変わってきましたか?

田川様:来た時ね、たぶん姿勢が悪いっていうかそんな感じでもう治していただいてたもんですから、
その姿勢から、体の根本的なものから治していただいたので、なんかわからないけど、
ひじの痛みっていうのは大幅に少なくなったし。
左肩っていうのも全然上がるようになったし。
腰の状態も、以前と比べて全然良くなって。
今までは、歩くのがちょっと億劫というか、そんな感じだったんですけど、
今はどんだけでも歩いていけるような。
歩くのが楽しいっちゅう感じで。
そんな感じです。

院長:にこにこスタイルのことを誰かにすすめてあげるとしたら、どんな人にすすめてあげたいですか。

田川様:やっぱ、僕らの同僚とかでも腰が痛いとかね、よくコルセットちゅうかサポーターみたいな巻いてる人いるんですよ。やっぱずーっと巻いてると、非常につらいなあというのは、僕も巻いていた時もあったので、そういう方にね、ちょっと教えていって、行かれたらいいと思います。

5ヶ月間痛かった足の痛みが、バスケで走っても痛くなくなりました!

もっちゃん様(11歳・女性・小学生・バスケットボール・桑名市)
【症状】足とふくらはぎの痛み、走ったり歩くと足が痛い

院長:にこにこスタイルに来られる前の体の状態は、どんな状態でしたか?

もっちゃん様:足を骨折して、そのまま病院行ったんですけど、なかなか治らなくて。いろいろやったんですけど。

院長:どれぐらい前からですか?

もっちゃん様:2か月ぐらい。(実際は5ヶ月前)

院長:それで、骨折は治ったんですか?

もっちゃん様:はい。

院長:骨折は治って、だけど。

もっちゃん様:まわりの筋肉が全然体力とかがなくて、ふくらはぎとか痛い。

院長:なんかスポーツしてたと思うんですけど、何をしてましたっけ?

もっちゃん様:バスケです。

院長:バスケをしてたら、痛くなるっていう感じだったんですね。
それに対して、何か治療とか、どんな対策をしてきましたか?

もっちゃん様:電気とかマッサージをしてきました。

院長:その後にこにこスタイルに来られたわけなんですけど、その後体の状態っていうのはどういうふうに変わってきましたか?

もっちゃん様:走っても痛くないし、腰が立ってきて。

院長:すごいですね。腰が立ってきたって、どんな感じなんですか?

もっちゃん様:壁にもたれたとき、腰がついて、背中の真ん中がつかない。

前は猫背で、腰がつかなくて、背中の丸くなってるところがついてた。

院長:バスケットは今、どんな状態ですか?バスケットをした後に痛かったと思うんですけど、それは今どんな状態ですか?

もっちゃん様:今は全然痛くないです。

院長:にこにこスタイルのことを誰かにすすめてあげるとしたら、どんな人にすすめてあげたいと思いますか?

もっちゃん様:腰が痛い人とか、どこか体が痛い人です。

10年来の腰痛が、片道3時間のドライブをしても全然平気になりました!

萩尾 義知様(38歳・男性・会社員・桑名市)
【症状】腰痛

院長:にこにこスタイルに来られた時の体の状態っていうのは、どういう状態でしたか?

萩尾様:時々腰痛になることがあって。
腰に負担のかかることをした時とか、長時間の車の運転をした時なんかに腰が痛くなりました。

院長:どれぐらいの頻度で。

萩尾様:週に1回の時もありますし、もう少し長い時もありました。

院長:それがどれぐらい前から、そういうのがあったんですか?

萩尾様:もう10年とかそれぐらい。

院長:10年前から、そういうことがちょこちょことあった感じなんですね。
それに対して、にこにこスタイルに来られる前なんですけど、何か自分なりに対策とか、あとは治療みたいなことは、何かされてみえたんですか?

萩尾様:整体に通ったりはしてました。あとは、痛みがひどい時にはコルセットを巻いたりとか、そういうことをしてました。

院長:具体的に、これするのは困ったとかありますか? 腰痛でこれが困ったとか。

萩尾様:腰痛になると、結構日常生活にも支障をきたすので。
顔を洗ったりとか、車の運転とかですね。
そういうことで、ちょこちょことしたことで、腰が痛くなるので。
非常に不便でした。

院長:にこにこスタイルに来られて、その後、体はどういうふうに変ってこられました?

萩尾様:痛みを感じることが少なくなりましたね。

院長:具体的にはどんな感じですか?

萩尾様:車の運転をしていても腰が痛くなることは、あまりなくなりましたし。
あとは、腰に負担がかかるような作業をしていても、痛くなりづらいような姿勢を意識するようになったからとは思うんですが、痛くなりづらくなりました。

院長:今は車はどれぐらい運転できるぐらいなんですか?

萩尾様:定期的に、月に1回ぐらいは片道3時間ぐらいのドライブをするんですけど、それでも全然平気ですね。

院長:それはいいですね。コルセットは今、どんな状態ですか?

萩尾様:もうしてません。
問題なくなったので。

院長:にこにこスタイルのことを誰かにすすめてあげるとしたら、どんな人にすすめてあげたいですか。

萩尾様:職場に結構、腰痛持ちの人いるので、すすめてみるのはいいかなと思います。

長年の歪みが矯正されてきて、ジョギングした後のひざの痛みも大丈夫になりました!

加藤 浩士様(48歳・男性・会社員・桑名市)
【症状】歪み、膝の痛み

院長:にこにこスタイルに来られる前の体の状態はどんな感じでしたか?

加藤様:ひざが痛いのと、あとはやっぱり肩こりとか。体がとにかく硬いので。
あと歪みですね。
48歳なんですけど、長年のズレがたぶんひどいんじゃないかという自覚があって、ちょっと診てもらおうかなっていうのが。

院長:なるほど、その二つ。ひざが痛いのは、どれぐらい前からだったんですか?

加藤様:週に一回だけ走ってるんですけど、その後に痛みが残って。何だろうなって、気にはなってましたね。

院長:それはどれぐらいあったんですか? その気になってる期間って。

加藤様:2、3年ありましたね。

院長:2、3年。結構長いですね。

加藤様:長い期間、だいたい走った後に痛みがあって。
そういうのも何でだろうな、歪んでるんだろうなっていうのが、なんかもう不安、みたいなんですね。

院長:にこにこスタイルに来られる前っていうのは、ひざとか歪みとかに対して何か治療みたいなとか、対策とか、そういうようなことは何かしてましたか?

加藤様:まあ、せいぜいマッサージに行ったりとか、温泉行ったりぐらいで。
あまり、っていうか、してないですね。
してなかったです。
整体にも行ったことなかったですし。

院長:そうなんですか、初めてだったわけですね。
その後にこにこスタイルに来られたと思うんですけど、来られて、体はどんなふうに変ってこられました?

加藤様:4月に初めて来て、半年になるんですけど、ここ、歪んでるってわかってても、やっぱり指摘してもらって気づくっていうのがあって。
こんなに歪んでるんだとか、あと体操してくる中で、「あ、こんなに。自分の体ってこうなんだ」っていう、先生に診てもらって気づけるっていうのがやっぱり大事です。
自分ではわかってるつもりでも、言われるのと全部が違って。
そこでまず、「あ、そうなんだ」という、自覚が大きいですね。

院長:ひざとか痛かったのは、どんな状態になりましたか。

加藤様:もう痛くないですね。

院長:今は、走った後とかはどんな感じ。

加藤様:走った後も、ほぼほぼ大丈夫ですね。
もともと体硬いので、中途半端な体操とかは毎日やってまして。
なので、ここの通院の整体の体操も、あまり違和感なく。
結構いろいろ、いろんなパターンの体操教えてもらったんですけど、それを朝会社行く前とかに5分やってないぐらいなんですけど、やってから行ったりとか。

あとは、歩き方とかも教えてもらったので、歩き方も気を付けて、歩きながらやったりとか。
なんか矯正されていく感は、半年の中でありますね。

院長:にこにこスタイルのことを誰かにすすめるとしたら、どんな人にすすめてあげたいですか?

加藤様:そうですね。自分の家族とかも、いいんだぞっていう話はあまりしてないんですけど。
やっぱ私みたいに、なんかおかしいなっていうか、何とかしたいなっていう思いがない人じゃないと、押し付けてもやっぱり、体操って基本面倒くさいんで、続かないと思うんですよね。
だから、何か悩んでる人とかがいれば、「行ったら?」って紹介できると思うんですけど。
なんかこう、「あ、あれ、いいかな」って言って。
あんまり押し付けても。
結構自分が自覚っていうか困ってないと、どうかなという感じは。
困ってるんだったら、そういうのもあるよって紹介してあげたいですね。

腰がぬけそう

片岡 美樹様(42歳・女性・パート・桑名市)
【症状】腰がぬけそう、膝痛

院長:当院に来られる前は、体はどんな状態でしたか?

片岡様:絶不調で、立ってても座ってても腰の居所がフニャフニャしてて分からない、痛いというか、腰が抜ける感じでした。

あと、立ち上がるときに膝の内側がズキンと痛くて、その時だけの痛みかと思ったら実は毎日だったから、痛めてるのかなと思って。

院長:当院に来られる前は、対策はされていましたか?

片岡様:病院は行ったことないんですけど、カイロプラクティックには月2回は最低通っていて、施術してもらったときは、ああ、シャンとした、となるんですけど、

帰ってきて1時間、2時間たつと、またグニャ~と、なんか、自力では腰の居所が分からなくて、猫背になってきてるな~とか自分でも分かるくらい戻っちゃってる、という状態でした。

院長:そういう状態がどれくらい続いていたんですか?

片岡様:1年半くらいです。
その間ずっとカイロに通っていました。

院長:当院に来られて、どんな風に体が変わっていきましたか?

片岡様:気がついたら、あっ、そういえば、不快感がない、劇的にあっ、とかではなくて、あれっ、そういえば、と。

膝も気がつけば、先生に言われて。前は階段の上り下りも痛かったんですけど、今はほぼそういう痛みはなくて、無理な体制をとったときだけ痛いけど、普通に生活している分には大丈夫です。

院長:当院のことをどんな人にすすめてあげたいですか?

片岡様:もう、現代病だから、腰とか、老若男女、みんなさすったり、さするならまだいいんですよね。
たたいちゃったりとか、会社の人でも、肩を棒とか使ってもんで、もうやめて~それはダメ~みたいな。

それでぜひ、ここ、じぶん整体じゃないですか、ちゃんとここで基本さえ覚えれば、そんなんもう、なおるよ、っていうか、そんなん使わないでできるよ、道具とか使わないでできるよ、って。
どんな人っていうか、もう全員。

テニスをすると痛かったひざの痛みが減って、痛みの心配なしでプレーできています!

16歳・男性・学生(硬式テニス)・桑名市
【症状】腰痛、膝痛

院長:にこにこスタイルに来られる前の体の状態はどんな状態でしたか?

腰が結構ひどくて、それで足のひざらへんにも相当痛みと疲労がたまっていた感じです。

院長:それは、どんな時に痛みとか出てました?

部活して、部の時とか、登下校の時にきつかったです。

院長:部活はどんな部活?

硬式テニスです。

院長:硬式テニスをして、よく動いている時に痛かったりとか、あと登下校の時は、それは歩いている時ですか?

自転車です。

院長:自転車こいでるときに痛かったりとか、そういうことがあったわけですね。

そういう痛みが腰とひざにあったと思うんですけど、それに対して、にこにこスタイルに来る前に何か自分なりにしてきたことっていうのはありますか?

まあ家でお風呂入ってストレッチするか、もう早く寝るかとか、それぐらいしかしてませんでした。

院長:にこにこスタイルに来られて、どういうふうに変ってこられました?

腰の痛みがほとんど減って、なんかあんまりひざに来るようなことがなくなりました。

院長:今は、硬式テニスする時っていうのはどんな感じなんですか?

痛みの心配なしでプレーできてます。

院長:それはいいですね。にこにこスタイルのことを誰かにすすめてあげるとしたら、どういう人にすすめてあげたいですか?

部活とかで、体の腰とか足とか痛い人とかにすすめてあげたいです。

院長:例えば、何かこういうスポーツにいいなあっていうのはありますか?

やっぱ体の動悸が激しい、サッカー部とか、取りあえず運動部はオススメですね。

足のしびれ

境原 桃太様(33歳・男性・自営業・桑名市)
【症状】足のしびれ

院長:当院に来られる前は、どんな状態でしたか?

境原様:20代の前半にぎっくり腰をやってから、歩くと足がしびれてしまうような状態になってきて、スーパーに買い物にいくのでも、足がしびれて辛い状態でした。

院長:何年くらい前からそういう状態でしたか?

境原様:9年くらい前からです。
だんだんひどくなってきました。

院長:これまでに何か対策などはされてきましたか?

境原様:整形外科に通って、点滴をやってもらったり、電気を通したり、リハビリや飲み薬をやったときもあったんですけど、一時期は良くなってもすぐに悪くなることをずっと繰り返してきました。

院長:なぜ当院に来ようと思われましたか?

境原様:正直、すがるような思いで、なんとか良くならないかなという思いがあって、インターネットで検索したら、書いてあることが症状とピッタリだったので電話しました。

院長:実際来られて、体はどんな風に変わっていかれましたか?

境原様:今は一日中町を歩きまわっても、しびれが出てくることはほとんどないですし、姿勢が良くなったと人から言われたり、おしりや胸が上がったとか、体型が変わったと言われます。
買い物をしていても楽しくて、気分もいいです。

院長:当院のことを誰かにすすめるとしたら、どんな人にすすめてあげたいですか?

境原様:やっぱり自分と同じようにしびれたりして、歩くのいやだなぁとか、後ろ向きな気持ちになってる人は、みなさん来たほうがいいなと思いますし、肩こりとかも以前よりは、なりにくくなった気がするので、肩こりとか腰痛がひどい人でも、来たらだいぶ変わると思うので、ぜひ、オススメしたいと思います。

回らなかった首が回るようになって、肩こりや吐き気もしなくなりました!

上田 梨沙様(29歳・女性・会社員・桑名市)
【症状】首が回らない、肩こり、背中のつまり、こり、吐き気、猫背

院長:にこにこスタイルに来る前は、体の状態ってどんな状態でしたか?

上田様:常にもう肩がこっていて。で、ちょっと疲れたら、もう背中がつまって、ちょっと吐き気をするような状態が続いていました。

院長:どれぐらい続いてたんですか?

上田様:1か月に1回ぐらい、そういった吐き気みたいなつまりがあるんですけども、吐き気自体は、1週間ぐらい続いてたりとかしていたり。で、他にも首が。こちらに来たのは、この首が回らなかったので、ちょっとお世話になったんです。

院長:よくそういうのは、よくあったんですか?

上田様:初めてで。

院長:にこにこスタイルに来る前には何か、対策とか治療っていうのは、自分なりに何かしたとかありますか?

上田様:接骨院に行って、針の治療とか電気治療とか。あとはカイロとかしてました、首に。

院長:それでうちに来られたんですね。その時、にこにこスタイルを選んだ理由はなんですか?

上田様:ホームページを見させていただいて、今までにない、「根本から治してみませんか」っていうメッセージがあったので、いいきっかけだなと思ってお世話になろうとしました。

院長:そういうことなんですね。実際にこにこスタイルに来られて、体はどういうふうに変わってきましたか?

上田様:骨を意識するようになって。今までは姿勢とか気にならなかったんですけども、やっぱりここに来て、根本から骨をちょっと意識することによって、姿勢に原因があるというか、骨に原因があるんだなというのがわかりました。

院長:体の症状としては、どのように変わってきました?

上田様:症状としては、ほんとにここで体操した帰りとか、バスで帰るんですけども、背もたれ使わなくても、使わないほうが楽だなと感じたり、なんか体がスッとしている感じはありました。

院長:にこにこスタイルのことを誰かにすすめるとしたら、どんな人にすすめてあげたいですか?

上田様:坐骨神経痛とか、すごいひどい症状の方とかはもちろんなんですけど、単に猫背とか、若い方とかでも姿勢が気になるとかっていう方でも、ほんとに一度、自分の姿勢を見直すということで、来ていただいたらいいんじゃないかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ