肩こりは親玉から根本解消しよう。

こんにちは、出戸です。

整体レッスンの感想をいただきました!


感想

ゆるんで軽い。
良く寝れそうな感じ。



肩こりを根本的に解決するには、
いつも肩こりを感じているところより
さらに奥深くにあるコリを解消する
ことが大切です。

ほとんどの人が感じている肩こりは、
表面に表れてきたコリで、
そのさらに奥には、親玉のコリがあるのです。

肩こりをほぐしても、親玉のコリが残っていると、
またすぐこってしまいます。


ですから、
肩こりを根本的に解消するには、
親玉の肩こりを知ることが大切なのです。

まず解消すべき親玉の肩こりは、
肩甲骨と肋骨の間のコリです。

肩甲骨

肩甲骨とは、
背骨の上の方についている、ちょうど胸の反対側にある骨です。
(写真の赤色の部分)

左右に1つずつあり、翼のような形をしています。

この肩甲骨は、
肋骨(あばら骨)にペタッとはりつくようについているのですが、

肩こりの人は、
この肩甲骨を肋骨の間にある筋肉がこり固まっているのです。

ここがこり固まると、
肋骨の上を肩甲骨が自由にずれ動くことが
できなくなります。

自由に動けないと、
肩まわりの筋肉が固くなり、こっていくのです。

ですから、
肩甲骨と肋骨の間の筋肉のコリを解消し、
肩甲骨がスムーズに動くことが肩こりを根本解消する近道です。

背中の上の方にお肉がついたり、
肩甲骨がお肉に埋まっている人は、
肩甲骨と肋骨の間の筋肉がコリ固まっている典型といえます。

一般的な整体では、
肩甲骨と肋骨の間に指をつっこんだり、
肩甲骨を機関車の車輪のようにまわしたりして、
肩甲骨と肋骨を引きはがしていきます。

私たちは、それを自分でやります。

なぜなら、
肩甲骨と肋骨の間の筋肉が再びこらないようにするには、
日常生活で肩甲骨から動いていることが大切だからです。

一時的に肩甲骨が動くようになっても
日常生活で動いていないければ、
また肩こりがおこってしまうのです。

肩甲骨を動かすときくと、
難しそうと思われるかもしれません。

でも、
鼻歌まじりでできるくらい簡単です。

鼻歌を歌いながら、
クルンクルン、スッスッスッスッやってたら、

気持ちよさと同時に、勝手に肩甲骨が動きだし、
肩こりがゆるんでいきます。

気持ちいいから、
ついついやってしまいます。

仕事から帰ったら、
まずクルンクルン、「あー気持ちいい」てな感じです。

そんな人が増えています。

Sさんの肩甲骨も
チーターみたいに動き出してきました。

すばらしい!

肩こりは親玉から解消しよう!

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ