痛みは現場で起きている。現場で痛みを解決しよう。

こんにちは、出戸です。

Dさんから、こんなうれしい報告をいただきました。


感想

スーパーで母がぎっくり腰になり、歩けなくなったので、
その場で正しいおじぎをしたら、
ほんの10秒くらい、1回しただけなのに、
治ってしまってスタスタ歩けるようになりました。

父も仕事で無理をしたらしく、
腰が痛く足を引きずるように歩いていたので、
同じく正しいおじぎをしたら、すぐに治って喜んでいました。

ありがとうございます!!
立腰の大切さ、すごさを実感しました!!!



レッスンでお伝えしている整体トレーニングは、
自分で体の痛みを解消できます。

その効果は上の感想の通りです。

さらりと書かれていますが、
整体師でも手を焼くような症状でも
自分で良くできてしまいます。

正しいおじぎもその中の一つです。

間違ったおじぎは痛いし、
痛みを作り出します。

ですが、
正しいおじぎは痛みのある人でも痛みなくできます。
それどころか、おじぎをすると痛みがとれます。


レッスンを受けて身につけた整体トレーニングは、
身につけた人のものになります。

ですから、
家族と一緒にやれば、家族の体も良くなります。

これは、
整体トレーニングならではのことです。

踊る大捜査線という警察もののドラマに

「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!」

という名ゼリフがありますが、
痛みも同じです。

痛み(事件)は、
整体院・治療院(会議室)でおきているのではありません。

痛み(事件)は、
スーパー、仕事場、家の中(現場)でおきています。


だから、
スーパーでおきた痛みは、
スーパーで解決するのがいいのです。

仕事場でおきた痛みは、
できれば仕事場で解決するのがいいのです。

痛み(事件)を
整体院(会議室)へ行くまで放置しておいたら、
より悪化(大事件)します。

ですから、
痛みはもちろん、日常でおこるコリや疲れは、
その日のうちに自分で解消することが大切です。

その場で、痛み(事件)が解決すれば、
体に平和が訪れます。

自分がやれば、自分の体が楽になるし、
家族と一緒にやれば、家族の体も楽になります。

体が楽だと、
それだけで自然と笑顔が増えて、
機嫌も良くなります。


私は、
「体の健康が明るい家庭の源(みなもと)」
だと考えています。

だから、
整体レッスンを受けに来ている人だけでなく、

その周りにいる家族や友人、大切な人まで
元気になるように、全力でレッスンをしています。

Dさん、とってもうれしい報告ありがとうございます。

Dさんも肋骨がさらに動くようになりましたよ!

おじぎはどこでもできます。

正しいおじぎで、痛みを現場で解決しよう!

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ