膝痛の原因は膝じゃない可能性があります。

こんにちは、出戸です。

整体施術とトレーニングの感想を
いただきました!


感想

行事が続いて、とても疲れていたのですが
先生の施術と体操で身体がゆるみ、
とてもスッキリしました。

体操をしなければと意気込むことより、
その場その場でできることをしていこうと
痛感しました。



Tさんはお盆の間も、一日中立ち仕事で忙しく、
こんな体でした。

  • 両膝が痛い。
  • 立つと膝の裏がはる。
  • ふくらはぎがだるい、重い。

症状が出ているのは膝よりも下ですが、
施術とトレーニングは
骨盤と腰まわりを中心に行いました。

すると、
膝まわりの症状がスッキリしました。

症状が出ている場所も大切ですが、
症状が出る原因を良くすることがもっと大切です。

膝が悪いのですから、
膝をみるのは当たり前です。

しかし、膝だけをみるのではなく、
なぜ膝が悪くなったのかを考えて、
体全体をみる
ことが大切と考えています。

そうすると、意外と膝から離れた場所に
原因が見つかります。

水まわりのトラブル

例えば、Aさんの家の水道の蛇口が壊れて、
蛇口をひねっても水が止まらなくなったとします。

水道屋さんを呼んでみてもらうと、
パッキンがダメになっていたことが分かり、
パッキンを交換したら、水が止まりました。

これで問題は解決で、めでたしめでたしです。

しかし、水道屋さんはそれで帰らずに、
Aさんにいくつか質問をしました。

すると、パッキンはまだ交換して
半年しかたっていないことが分かりました。

さらにAさんに話を聞いていくと、
ご主人がいつも力一杯、蛇口をしめていることが分かりました。

そこで、水道屋さんが
蛇口をしめすぎると、パッキンがすぐにダメになるから、
力一杯しめすぎないようアドバイスして帰りました。

それから、Aさんの家の水道は5年経っても
水が止まらなくなることはありませんでした。

Aさんの水道トラブルを解決するだけなら、
パッキンを交換するだけで十分です。

ですが、なぜパッキンがダメになったのかまで考えて、
Aさんの生活全体を見渡し、
パッキンがダメになる原因を探り出しました。

膝の痛みを良くするには、ほとんどの場合、
骨盤や腰を整えることが大切です。

それを体感、実感をもって、理解してもらうことが
私のもう一つの仕事だと考えています。

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ