柔軟性アップは骨盤から。

こんにちは、出戸です。

整体レッスンの感想をいただきました!


感想

肩まわりがスッキリし、
骨盤をまわすご指導で腰まわりもスッキリ。




立った状態で、
体を前へ倒すことを「前屈(ぜんくつ)」といいますが、

前屈が苦手な人は、
脚や股関節まわりの筋肉の柔軟がないと思っている人が多いです。

しかし、実際には骨盤が正しく動くと、
その場で前屈がしやすくなります。

なぜなら、
前屈は上半身と下半身が連動した運動だからです。

上半身と下半身が正しく連動して動くためには、
上半身と下半身をつなぐ骨盤はとても重要な働きをします。

ほとんどの人は前屈のときに、
骨盤が正しく動いていません。

ひどい人になると、
骨盤をまったく動かさずに前屈しています。

それでは、体が前へ倒れないどころか、
腰を痛める原因にもなります。

今回はレッスンで私が骨盤を正しく誘導しながら
前屈してもらうのを3回繰り返すと、
見違えるほど前屈しやすくなりました。

柔軟性アップは
筋肉をストレッチしないといけないと思っている人が多いですが、
ストレッチしなくても柔軟性はアップします。

とくに骨盤の正しい動きは、
柔軟性アップには欠かせません。

正しく動く骨盤を手に入れて、柔軟性アップしよう!

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ