根元から体を整えよう。

こんにちは、出戸です。

Nさんからうれしい報告をいただきました。


感想

そう言えば、右脚のひざ裏の痛みがなくなった。
びっくり!
座って立つとき必ず痛かったのに。




先日、友人と旅行に行って歩いていたら、
足がすごく痛くなったといわれていました。

前回レッスンした後から楽になり、
そういえば痛みがないとのこと。

よかったです!

膝が痛いからといって、
膝を整えれば良くなるというわけではありません。

特に大切なのは、
脚の根元にあたる骨盤(こつばん)と股関節(こかんせつ)です。

見方によっては、
地面についている足先が根元ととらえることもできます。

ですが、
体の構造的・機能的には、
脚の根元は骨盤、その次に股関節です。

戸に例えると、
足先はドアノブで、
骨盤や股関節はドアと壁の間にある、蝶番(ちょうつがい)です。

どんなにドアノブが立派でも、
蝶番がサビていたら、戸は開きません。

同じように、
骨盤や股関節が歪んでいたり、動きがおかしいと、
脚や膝、足先にも悪影響がでます。

ですから、
骨盤と股関節を整えれば、
ほとんどの脚や膝、足先の痛みは軽減します。

骨盤が大切と言われるのは、
こういうことから言われるのです。

骨盤と股関節を整える上で大切なのは、
後ろへ倒れて寝てしまっている骨盤を、
前へ起こして立てる
ことです。

頑張らないと骨盤を立てられなかった体を、
頑張らなくても自然と骨盤が立つようにすることです。

骨盤が立つと、
骨盤や股関節の歪みが解消され、
脚だけでなく、肩や腕も軽く楽になっていきます。

今回のレッスンで、
より骨盤が立ったNさんから
こんな感想をいただきました。


感想

ふしぎ、ふしぎ、腕の筋肉痛が
やわらいだ~




Nさん、すばらしいです!

今日から、体の根元の骨盤を立てよう!

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ