首を伸ばさないで、首が伸びるコツとは。

こんにちは、出戸です。

Sさんから整体レッスンの感想をいただきました!


感想

声を出すとやはり疲れのとれ方が違う。

首を伸ばすと、目の前が広がった感じがして、
とても良かった。




一般的に
体操やトレーニングときくと、
体の動きだけが重要視されがちです。

ですが、
にこにこスタイルで行う整体トレーニングは、
体の動きと同じくらい、声の出し方を重要視しています。

なぜなら、声が正しく出せると、
体は声に導かれて、自然に正しく動く
からです。

たとえば、イスや床から立ち上がるときに、
「よっこいしょ」とか「よいしょ」とかけ声をかけると、
立ち上がりやすいです。

かけ声をかけることで、
体がスムーズに動くようになります。

学術的には、こういうかけ声を
擬音語(ぎおんご)・擬態語(ぎたいご)といいます。

一流のスポーツ選手も、
パフォーマンスの精度を上げるために、
声を駆使しています。


ハンマー投げの室伏広治選手は、
ハンマーを投げるときに、「んっがー!」と叫びます。

卓球の福原愛選手も、
試合中に「サー!」という声を出しています。

これらのかけ声は、無駄な力が抜けて、
自然と正しく滑らかな体の動きができる効果がある
と考えられています。

体が正しく動くと、
パフォーマンスが上がります。

一流のスポーツ選手は
自分の発する声がパフォーマンスをあげていることに
気づいて、実践しているのです。

ですから、
にこにこスタイルの整体トレーニングは、
発声を重要視しています。

例えば、声を正しく出すことで、
声につられて、自然と首が伸びます。

これは意識的に首を伸ばすのとは
全く違う筋肉を使った、
全く違う運動
なのです。

一見すると、
声を出してするトレーニングは
ふざけているようにも見えます。

でも実は
真剣に体や姿勢を変えることを
追求した結果、声を出してトレーニングしている
のです。

真剣に体と姿勢を変えるために
声を出しながらやる整体トレーニングは、
とても楽しいです。

黙々とやるトレーニングに
マンネリを感じているなら、
体が声を欲しているのかもしれません。

Sさんも
自分の声で首がシュッと伸びて、
首・肩が軽くなりました。

やりましたね!

合い言葉は「正しい発声で姿勢が変わる」です!

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ