腹筋をきたえずにウエストを減らす方法

こんにちは、出戸です。

整体を受けたOさんからの感想をご紹介します。


整体感想

今日はウエストが4cmも減ってびっくりしました。
ゆるむ体操と同時に(共に)続けていきたいと思いました。



説明を交えながら、時間にして10分ほどの整体で、
ウエストが4cm減りました。

ウエストダウンしようと思ったときに、
ほとんどの人が真っ先に思いつくのは
「腹筋をきたえる」ということです。

つまり、お腹の筋肉が弱くなり、減っていることが原因と考えます。

  • お腹の筋肉がないから、お腹まわりの代謝がおちて脂肪がつきやすくなる。
  • お腹まわりの筋肉がないから、お腹が出てくる。

と考えているのです。

ですから、ウエストダウンさせるためには、
腹筋をきたえてお腹の筋肉を強くしたり、
筋肉の量を増やすことが大切な要因であると考えているのです。

しかし、実は他にもウエストダウンさせるために大切な要因があるのです。

それは、お腹の筋肉を使えるようにするということです。

お腹の筋肉がないのではなく、
あるけど使えていないということです。

お腹の筋肉が本来果たすべき役割をしっかり果たしていないから、
お腹に脂肪がついたり、お腹が出たりするということです。

今回のOさんもお腹の筋肉がないのではなく、
お腹の筋肉はあるけど働いていない状態でした。

ですから、お腹の筋肉が正しく働くように導きました。

すると、お腹がシュッとしまった実感が得られると同時に、
ウエストが4cm減りました。

頑張ってお腹に力を入れなくても、
お腹の筋肉が正しく働くようになると、
自然にお腹はしまります。

「お腹の筋肉に力を入れること=お腹がしまる」
ではないのです。

正しくは
「お腹の筋肉が働くこと=お腹がしまる」
です。

あっという間にウエストが4cm減りましたが、
脂肪がなくなったのではなく、むくみがなくなったのです。

お腹まわりの筋肉が正しく働かないと、
内臓の位置がずれます。

すると、血液やリンパの流れが圧迫され、たまります。

それがお腹まわりのむくみへと繋がります。

むくんでいるところに脂肪はつきやすいです。

ですから、お腹まわりの脂肪を減らすには、
この流れになります。

  1. お腹の筋肉が正しく働くようにする。
  2. 内臓が正しい位置に戻る。
  3. お腹まわりのむくみがなくなる。
  4. お腹まわりの代謝、流れがよくなる。
  5. お腹まわりの脂肪が減る。

今回は3番までいきましたので、
このままお腹の筋肉が働く状態にしてあげれば、
脂肪もしだいに減ってきます。

Oさんはお腹まわりの筋肉が正しく働くことで、
痛かった首と肩も楽になりました。

お腹まわりの筋肉が正しく使われることは
首や肩にとっても大切だということです。

さあ、腹筋を鍛えずに、ウエストダウンしよう!

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ