走り込まずに、速く走る!

走るランナーたち

速く走ることへの憧れ。

これは誰しもが持つ動物的本能だ。

人は速く走るために、走り込む。
走り込んでいるから、速く走ることができると思っている。

我々はそうは考えない。

速く走るカラダが、速い走りを生み出す。
走り込まずとも、速く走るためのカラダを作ればいいと考える。

速く走るために、
限られた体の資源を最大限に発揮するカラダを目指す。

走り込む練習は我々でなくても教えることができる。

だが、走り込まずに、
速く走るカラダのトレーニングは我々の役目だ。

速い走りは、正しい姿勢と正しい動きの上に成り立つ。

なぜなら、
正しい姿勢と正しい動作が人間の持つエネルギーを最大限に
地面へ伝えるからだ。

走るチーター

見よ。このチーターを。

あの柔軟かつ強靭なカラダから解き放たれる
素晴らしい走りを見よ。

正しい姿勢と正しい動きとは
チーターのような柔軟かつ強靭な姿勢と動作だ。

たたずむチーター親子

チーターは普段から走り込んでいるか?
ノーである。

チーターはたたずみながらも、
いつでも走り出すことができる臨戦態勢でいる。

のんびりしているようで
全速力で走る準備を整えているのである。

人間も同じように速く走るためのカラダ作りを
走り込まないトレーニングで行うことができる。
我々の役目はここだ。

さあ、カラダを解き放とう!