2018/04/10

つい食べすぎてしまう3つの原因 その2

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

柿には渋柿っていわれるのがありますよね。

渋柿は渋いからおいしくない。
だから、干し柿に使われるんですけど、しっかり熟してグジュグジュのゼリー状の熟柿になってくると、スゴくおいしいんです。

私はここ数年、渋柿のおいしさを知って好きになりました。
あなたも機会があれば、本当にゼリーくらいまで熟して食べてみると良いですよ。

そんなおいしいものを食べ過ぎてしまう3つの原因。
2つ目の原因は、内臓の疲労です。

内臓が疲労すると、内臓は固くなります。
肩コリのように固くなります。内臓がこっている状態です。

内臓もこるんですか?と思われる方もいると思いますが、実は内臓もコリます。

なんでかっていうと、胃や腸などの内臓は、ほぼ筋肉でできているからです。
肩コリと同じように、内臓もこって固くなります。
そうすると、正しく内臓は動きにくくなりますよね。

本来であればご飯を食べて満腹になってくると、胃が伸びてくるので満腹を感じます。
でも、胃が疲労して固い状態だと、伸びなくなります。
伸びないので、満腹感を正常に感知することができなくなっちゃうんですね。

なので、普通に食べているんですけど、ついつい気付いたらお腹がパンパンになったりするんですね。
それで食べすぎてしまうことになってしまいます。

ついつい食べ過ぎてしまうのは内臓の疲労、コリ、固さが原因だということです。
だから、内臓の疲労をとっていく。
内臓をだんだん柔らかくしていくことが大事になってきます。
まるで熟柿のように(笑)

柔らかくなってくると、ついつい食べ過ぎてしまう前に、ちゃんと満腹を感じて、満足感が出てくるようになります。
それが、本当の意味でお腹が満たされる満腹ということに繋がってきます。

あなたも内臓をどんどん柔らかくして行くと、きっと変わってきますよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2017 All Rights Reserved.