2017/08/17

熱中症予防の水分の取り方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。
詳しいプロフィールはこちら

暑気持ちいいこの時期に気を付けたいのが熱中症ですね。
熱中症予防のための水分の摂り方としては、まずちょびちょび飲むことです。

なぜ水分補給が大事かというと、体に熱が貯まると熱中症になってしまいますので、その熱を取り除くために体は汗をかいて熱を外へ出そうとします。
ですから、汗をかくためには水分補給が大事になってくるということになってきます。

その水分補給の方法としてちょびちょび水分をとるということが大切です。
一気に飲むと吸収できずに流れてしまうので、喉や口が乾いたなと思ったらちょびちょび飲んでいくといいです。

これと併せてミネラルの補給というのも大事です。
塩が良いと言われますけれども、天然の塩を摂るのがさらに良いと言われていますね。
ちょっと欲張りな方法ですが、水分とミネラルを同時に補給するという方法もあります。

これは水分の多い果物を食べるということです。
特におすすめなのがスイカとかメロンですね。
これはかなり果物の中でも水分が含まれていますので、すごく水分とミネラルの補給に役に立ち、しかも水分が多いので消化に良くて胃腸にも負担がかからないです。

この果物を食べるときには注意ポイントがあって胃がからっぽの状態で食べるということが一番大切ですので、朝起きて朝イチで食べるというのが一番理想的な食べ方になります。

もし気になる方はぜひやってみたらいいとおもいます。

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2017 All Rights Reserved.