2018/08/01

根本的に筋肉をほぐす方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

昨日、体や筋肉は
・マンゴーのようにみずみずしく
・液体みたいにやわらかい
・ゆるんでいる
のが若々しいとお話ししました。

逆に、筋肉がこっていたり、固かったり、液体より固体に近いのは老化してる状態だとお話ししました。

じゃあ、筋肉をマッサージしたり、おしたりして、ほぐしたらいいと思いますよね。
でも、これが落とし穴なんです。

筋肉をマッサージしたり、ほぐしても、また固くなります。
むしろ、マッサージしてほぐせばほぐすほど、より固くなります。

なぜか。

踵は固いですよね。
手や足もよく使うところはマメやタコができますよね。

それと同じで。
外から押されたり、刺激を与え続けると、筋肉を固くして、組織を守ろうとするんです。

マッサージや押したりしても、やわらかいのが一時的で、また固くなるのは、守ろうとしてるからなんですね。

筋肉がこったり固くなる原因は、筋肉ではなく脳です。
根本的に、筋肉が固くならないようにこらないようにしたかったら、筋肉にアプローチしてもいたちごっこ。

脳にアプローチする!が正しいやり方です。
なぜなら、筋肉が固いのは脳が筋肉を緊張させる信号をおくっているからです。

緊張信号がなければ、筋肉はゆるみます。
これを専門的には弛緩(しかん)といいます。

弛緩とは、「筋肉が何もしない」ことです。

つまり、常に筋肉がこったり、固い人は「いつも筋肉に仕事をさせている」のと同じです。
脳が仕事信号をおくってるんですね^^

だから、筋肉がやわらかい状態を保つには脳の信号をストップさせないいけませんよね。
筋肉をマッサージしなくても、脳が筋肉に緊張信号をおくらないようにしてやるだけでいいんです。

すると、筋肉は勝手にゆるみます。
弛緩します。

そのためには?
するどい人はお気づきだと思いますが、マッサージではなく「さする」です。

手でさする刺激は脳にとって安全安心。
脳は警戒態勢をやめて、緊張信号をストップしてくれます。
だから、筋肉がゆるむんですね。

さすることを繰り返すと、脳は学習します。
「ゆるんでいいんだ」と学習して、体や筋肉が固くなったり、こったりしなくなります。

老化とは、筋肉の衰えではなく。
・筋肉の緊張信号が送られっぱなしになること
・脳からの指令で筋肉が弛緩できなくなってること
なんですね。

整体で痛みがとれる仕組みも同じです。
一瞬で筋肉は鍛えれないので。

でも信号をとめたり、弛緩させることなら、一瞬できます。

脳が「きもちいい~^^」とヨダレを流すくらい(笑)
気持ちよく、さすってゆるめてあげましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2018 All Rights Reserved.