2017/09/24

胃が喜ぶ、腹八分

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。
詳しいプロフィールはこちら

あなたはいつも腹何分まで食べていますか?
昔から腹八分が健康にいいと言われています。

現代人はカロリーのとりすぎで、食べる量を2/3に減らすと、数年以上長生きするというデータもあります。
ではなぜ、腹八分がいいのでしょうか?
それは胃が正しい形と大きさを保てるからです。

胃も筋肉でできているのでたくさん食べすぎると、ある程度伸びます。
胃も伸びるんです。
だから毎日食べすぎていると、胃は本来の大きさよりも大きくなります。

大食いで有名なギャル曽根さんはめちゃめちゃ食べられますが、胃が普通の人よりめっちゃ大きいんですね。
食べれるとついつい食べすぎちゃいますよね。

じゃあ胃が本来の大きさを保つには、どこまで食べたらいいのかというと、腹八分です。

この腹八分という言葉は、日本独特のものです。
他の国にはない言葉です。
昔の日本人は、腹八分が健康にいいってことだけじゃなく、胃にとってちょういどいい量であることが身体でわかっていたんですね。
スゴいですね。

でも、ムリに食べる量を減らす、制限するのは健康に良くないです。
ストレスだからです。

わかっていても食べすぎたり甘いものを食べすぎてしまう人は、脳の疲労が原因です。
脳疲労にはゴロゴロ体操がおすすめです。
脳疲労を解消して、腹八分で満たされる体になろう!

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2017 All Rights Reserved.