胃が喜ぶ、腹八分

あなたはいつも腹何分まで食べていますか?
昔から腹八分が健康にいいと言われています。

現代人はカロリーのとりすぎで、食べる量を2/3に減らすと、数年以上長生きするというデータもあります。
ではなぜ、腹八分がいいのでしょうか?
それは胃が正しい形と大きさを保てるからです。

胃も筋肉でできているのでたくさん食べすぎると、ある程度伸びます。
胃も伸びるんです。
だから毎日食べすぎていると、胃は本来の大きさよりも大きくなります。

大食いで有名なギャル曽根さんはめちゃめちゃ食べられますが、胃が普通の人よりめっちゃ大きいんですね。
食べれるとついつい食べすぎちゃいますよね。

じゃあ胃が本来の大きさを保つには、どこまで食べたらいいのかというと、腹八分です。

この腹八分という言葉は、日本独特のものです。
他の国にはない言葉です。
昔の日本人は、腹八分が健康にいいってことだけじゃなく、胃にとってちょういどいい量であることが身体でわかっていたんですね。
スゴいですね。

でも、ムリに食べる量を減らす、制限するのは健康に良くないです。
ストレスだからです。

わかっていても食べすぎたり甘いものを食べすぎてしまう人は、脳の疲労が原因です。
脳疲労にはゴロゴロ体操がおすすめです。
脳疲労を解消して、腹八分で満たされる体になろう!


今だけの特別キャンペーン実施中!

にこにこスタイルの整体、初回14,040円が今だけ
半額以下の4,990円で受けていただけます。

先着7名様5名様
(平成29年10月31日(火)までのご予約に限り有効)

ご予約は今すぐ

下記の電話番号に「ホームページを見たのですが、予約をお願いします!」とお電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA