桑名市の整体院

桑名市で整体をお探しなら、痛みとシビレ専門のにこにこスタイルへどうぞ。腰痛などの症状でお悩みの方が近隣の地域から多数来られています。駐車場完備。ご予約はこちら→0594-32-0225

腰痛改善のための湿布の効果

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます、出戸です!

今日は「湿布は使った方が良いんですか?」
という質問にお答えします。

この質問の答えは、「湿布がどんなものなのか」がわかれば、自ずと出てきます。

そしたら、あなたがどういう時に湿布を使えば良いのか自分で分かるようになります。

では、くわしくは動画で!

●今回は、湿布についての質問にお答えします。

・湿布は使ってもいいのですか?
・どんな時に使った方がいいのですか?

今回の話で湿布はどういうときに使えばいいのか、その判断基準がわかるようになります。

◎湿布の効果について
大きくは冷湿布・温湿布があります。
どちらにも共通して入っているものに、鎮痛成分(痛みを和らげる作用)があります。

【良い面】
・痛みが和らぐこと(鎮痛成分によって)
 腰痛ひざ痛の痛みを解消でき楽になります。

【悪い面】
・痛みが和らぐこと(鎮痛成分によって)
 痛みが緩和されるために、無理して動かしてしまいます。

メリットもデメリットも、痛みが和らぐことなのです!

例えば、足を骨折したとします。
そんな時、歩いたら痛いですよね。

折れてるけど、湿布貼って痛くなくなったからと、歩いていたらその足は治るかと言いますと、引っ付くかもしれませんが変な風にくっついてしまうかもしれません。
このように、痛みを消して動けるようにしまっては、回復が遅れたり、おかしなことになる可能性もあるのです。

腰痛やひざ痛でもおなじことが言えます。
痛みがあるということは、身体の中に何か原因があるのです。
関節がズレてるとか、骨がズレていることでまわりの筋肉が固くなっていたり、神経を圧迫しているかもしれません。

痛みが緩和されることは、良い面でもありますが、痛くないことによって無理ができてしまう事が悪い面となります。

動かせてしまうので、余計無理をしてしまい他の部分まで痛めてしまう可能性もあるのです

ただその時楽になればと思うなら、湿布の痛み緩和の効果はありがたいです。

ですが、また痛くならない身体になりたいのでしたら、痛みを和らげることはデメリットが大きいです。余計他のところを痛めてしまいかねませんので。
湿布を使う目的によっては、良くも悪くもなります。

痛みなんてない身体に、痛みを気にせずに生活して頂きたいので、痛み止めは最終手段にして頂きたいと思います。

痛みが出たら痛みを感じない生活をしていただくのが一番良いと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2019 All Rights Reserved.