桑名市の整体院

桑名市で整体をお探しなら、痛みとシビレ専門のにこにこスタイルへどうぞ。腰痛などの症状でお悩みの方が近隣の地域から多数来られています。駐車場完備。ご予約はこちら→0594-32-0225

痛み止めの効果を正しく知ろう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます、出戸です!

【問題】
痛み止めは痛みを治すものである。

〇か×か?

痛み止めのクスリにはいろんなものがあります。

・飲みグスリ
・湿布などの貼るクスリ
・注射のような強力なクスリ

ですが、痛み止めの効果はすべて同じ。

痛み止めは痛みを治すのか?

答えは動画で!

今回は痛み止めについてお話します。

痛み止めには、のみ薬、注射、湿布などいろいろありますね。

痛み止めの作用についてはどれも以下の通りです。
・痛みの緩和、鎮痛(痛みをかんじさせなくさせる)
 
→痛みを治す効果はないです。
 治ったと勘違いする方も見えますが、痛みを感じないだけですので勘違いしないようにしてください。

 例)腰痛の場合
   まず、痛みを感じるのは神経です。
   神経を通して電気信号が脳までくると我々は痛いと感じます。
  
   痛み止めを服用すると、その効果で電気信号が脳までいかないように、途中で遮断します。
   そのため痛みを感じません。

ただし、痛み止めを飲んでいて、治る場合もあります。
それは、痛みを感じていない間に自然治癒した場合です。
ほっといたら勝手に治ったということです。
痛み止めが切れても痛くはありません。

でも、痛み止めを飲んでも聞かない、切れたころにいたくなる場合は痛みの原因が取り除かれていないということになります。

痛みの原因を解消することが大事になります。
軽いものであれば、自然治癒してしまいますが、関節がズレていたりすると自然治癒は難しいかもしれません。

痛み止めを使わないでという話ではありません。
原因を取り除いたり治す作用はありませんので、覚えておいていただくと言いと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2019 All Rights Reserved.