脱力上手になると、痛みがとれる。

こんにちは、出戸です。

整体レッスンの感想をいただきました!


感想

痛みがなくなり、脱力できるようになってうれしいです。
少しずつ毎日続けていきたいです。



痛みがある人は、脱力下手です。

脱力下手だから、痛みが出るのです。

力を抜いているつもりでも、
体にムダな力が入っています。

いつも力が入っているから、
力が入っているのか抜けているのかさえ
体が分からなくなっているのです。

だから、
力を抜いているつもりでも、体に力が入り、
いつも筋トレをしているような状態になっています。

筋トレをしたら筋肉が疲労するように、
体のアチコチが気づかないうちに
疲労しているのです。

そして、疲労が限界に到達すると、
痛みが出るのです。

痛みをとることは大切なことですが、
脱力できるようになることは
もっと大切です。

なぜなら、
脱力下手だと、そのときは痛みがとれても、
また痛くなる可能性があるからです。

逆にいうと、
脱力上手になると痛みがとれるともいえます。

脱力できると、
いかに今まで脱力していなかったかが
分かります。

もし、力が入っているか、抜けているか分からないとか、
脱力ができていないと感じるのであれば、
脱力下手になっているかもしれません。

脱力上手になって、痛みのない体になろう。

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ