脊柱管狭窄症からの間欠性跛行が改善し、日常生活にはほとんど支障がなくなりました。

出﨑 倭矢様(66歳・男性)
【症状】脊柱管狭窄症、腰痛、間欠性跛行

男性喜びの声

腰痛&間欠性跛行で、MRIで脊柱管狭窄症と診断された状態。

4回目位で、歪みがとれ、楽になりました。
その後、約1年かかりましたが、日常生活にはほとんど支障がなく、1回/月のリセットへの移行をしたいと思っています。

SNSで新着ブログを受け取れます。

筆者紹介

出戸啓介
出戸 啓介(Deto Keisuke)
整体の仕事をしていると、体のスゴさに日々驚かされます。そして、それを来院者さんとともに感動します。そんな日々の活動から、体を変えることの素晴らしさを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ