桑名市の整体院

桑名市で整体をお探しなら、痛みとシビレ専門のにこにこスタイルへどうぞ。腰痛などの症状でお悩みの方が近隣の地域から多数来られています。駐車場完備。ご予約はこちら→0594-32-0225

親指に力を入れて歩いていませんか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます、出戸です!

痛みを改善するにも、痛みがぶり返さない体質を手に入れるにも、歩き方はとても大切ですよね。

事故やケガで痛みが出たのではないなら、日常生活の姿勢や身体の使い方に問題があるからです。

だからといって、立ち方や歩き方を意識しすぎるのも良くありません。

なぜなら、、、

つづきは動画で!

歩いたり、立っている時にどうしても外側に体重がかかってしまうので、
内側に体重が乗るようにするとき、親指に力をいれてもいいのですか?という質問にお答えいたします。

これは結論をいいますと、、、しない方がいいです。

立っているとき、ほとんどの人は足の外側に体重がのっています。
しかし、足の骨は外側は細い骨、内側は太い骨になっています。

◎足の外側に体重が乗っていると
・膝が痛くなる
・腰痛になる
・股関節が痛む
・足の付け根が痛む
・足が疲れやすい
・足が太くなる
などの症状がおこりやすくなります。

◎正しい立ち方が出来るようにしましょう!

内側にある太い骨に体重が乗るのが、正しい立ち方です。
ただし、内側に体重を乗せるために、親指に体重を乗せるのはどうでしょか?

親指に力をいれてしまうと足の筋肉に緊張が発生してしまいます。

緊張していると内側に一時的にのることはできますが、
長期的にするとつかれやすいなどの症状がでてきます。

親指など、どこかに力をいれるのではなく、
自然に内側に乗るようにしていきたいです。

どうしたら内側に体重が乗るようになるのでしょうか?
基本は足の内側の骨をよくさわることです。

やり方は、、、
すわっても床に座ってもできます。
ふくらはぎ内側をさすってあげましょう。

ポイントは、、、
上から下へ 上は膝の下あたり 筋肉ではなく骨をさすりましょう。
立ってみると、擦った足の方はまっすぐ体重が乗る感じがわかると思います。

親指に体重が乗るように意識しなくてもよくなります。

日常生活でまた外側に体重が乗るようになったら また内側をこすってあげてください。
休憩する時などに擦ってもいいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2019 All Rights Reserved.