桑名市の整体院

桑名市で整体をお探しなら、痛みとシビレ専門のにこにこスタイルへどうぞ。腰痛などの症状でお悩みの方が近隣の地域から多数来られています。駐車場完備。ご予約はこちら→0594-32-0225

車の運転中に股関節が痛くなったときの対策

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます、出戸です!

姿勢が良くなると、出てくる疑問、問題。

その1
車のシートに座ると、姿勢が悪くなる。

その2
せっかく腰痛や股関節通が良くなったのに、車の運転中にまた痛くなる。

今日はこの2つの問題の解決法をお伝えします。

私も車を運転するときは必ずやっています。

つづきは動画で!

車を運転中に、腰が痛くなる、おしりが痛くなる、足の付け根が痛くなる
人のための対策についてお伝えします。

普通の椅子は大丈夫なのに、なぜ車のシートに座ると痛くなるのでしょうか?

これは、車のシートの構造に原因があります。
車のシートは、おしりの部分がへこんでいるため、骨盤が立った状態でなく後ろへ倒れた状態になってしまいます。
股関節は詰まる感じに、おしりの方は伸ばされてしまっています。

●これを解消するための方法
 ①バスタオル2枚くらいを使ってシートの上にたたんで置く
 
 これだけで、座った時に骨盤が立った状態になり、
 股関節とおしりの負担が減ります。
 まだ、つらいという方はもう②の方法もプラスしてみてください。

 ②フェイスタオルを小さくたたみ、おしりの真ん中にあたるように挟んで座る。

 仙骨を支えるように座るのです。
 体を前にたおし、タオルを入れ背中を後ろへもどします。

①と②、この2段重ねの対策をしてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2019 All Rights Reserved.