桑名市の整体院

桑名市で整体をお探しなら、痛みとシビレ専門のにこにこスタイルへどうぞ。腰痛などの症状でお悩みの方が近隣の地域から多数来られています。駐車場完備。ご予約はこちら→0594-32-0225

ふくらはぎをもみたくなった時の対策

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます、出戸です!

暑くなると、疲れやすく、だるくなりやすい第1位。

それは、、、

「ふくらはぎ」です。

だからといって寒い時期はふくらはぎが疲れていないのか?というと。

実は、夏場にふくらはぎがだるくなる人は冬もふくらはぎが疲労してる人が多いです。

なので、ふくらはぎの疲れを実感してる今のうちに解消しちゃいましょう!

つづきは動画で!

◎太ももが揉みたくなった時どうしたら良いかについてお答えします。

暑くなってくると下半身、特に「ふくらはぎ」がだるくなったり重くなったります。
それは、暑さで疲れやすくなり老廃物が下半身にたまるからです。

揉みたくなってしまうのは分かりますが、もんでしまうのは最終手段にして下さい。
なぜかと言うと、もんでしまうと中に入ってる筋肉に傷が入り、余計に痛くなったりだるくなってしまう「もみかえし」という症状がおこりやしくなるからです。
根本的に、重さやだるさを解消してもみたくなる状態がおきないようにしましょう。

●筋肉が固くなってしまったり、老廃物がたまる原因
  筋膜(筋肉を覆っている膜)がずれているのが原因です。
  本来の位置より引っ張られてずれたり、筋肉同士の間がひっついていたりすると、
  中に入っている筋肉が固くなります。
        ↓
  筋肉の中にある細胞に疲労物質がたまり、だるくなったり重くなったりするので
  揉みたくなります。

次回、筋膜のずれを解消して、ダルくなったり重くなったりしない、揉みたくなるような状況が起きないようにする方法を紹介したいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2019 All Rights Reserved.