2017/09/25

大切にしたい背骨

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。
詳しいプロフィールはこちら

前回からの続きで、シャワーよりお風呂につかった方が体にいい理由の2つ目です。

理由の1つ目は「あたたかい」からでしたね。
なぜか知りたい方は前回のメルマガをご覧になってみてください。
シャワーよりお風呂につかった方がいい理由の2つ目は「浮力がはたらく」からです。

たとえば、水と油をまぜると水の中に油が浮かびあがりますよね。
これと同じで、水の中に体を入れると体には浮かびあがる力が働きます。
これを浮力といいます。

専門的には水と体の比重のちがいから浮力が働きます。
体に浮力が働き、水の中で体が浮かぶと何がいいかというと。
重力から解放されるんですね。

生きていると、体は常に地球の重力をうけつづけています。
体重が60kgの人だと、60kgの重荷を背負っているのと同じです。

でもつねに重力がかかっているので、重力を意識することはほとんどありません。
ですから、知らない間に重力の負荷でつかれてしまっています。

だからこそ1日1回、重力という負荷から解放してあげることが大切です。
重力から解放されると、体の痛み、疲労は回復しやすくなります。
とくに、背骨の軟骨である椎間板の回復がすすみます。

そうすると血流や、神経の流れがよくなります。
肩こり、腰痛、背中のつかれ、目のつかれ、足のしびれにもいいです。
呼吸も深くなり、内臓にもいいです。

痛みや疲労は、たまると回復に時間がかかります。
でも、1日1回お風呂に入ると、回復も早いです。

つかる時間は、気もちよくつかれる時間であれば3分でも10分でも20分でもいいです。
お湯の中でプカーンと浮かんで、お湯に身をまかせるといいですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2017 All Rights Reserved.