姿勢のお手本は赤ちゃん

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

先日、2つ年下の従兄妹に女の子が生まれたので会いに行ってきました^^

二人目の女の子です。

赤ちゃんはめっちゃカワイイですね。
自然に笑みがこぼれます。
どれだけ見ててもあきません。

どれだけ見ててもあきないといえば、犬や猫などの動物もあきませんよね。
テレビでも動物特集をやっていますが、冷静に考えると動物がただ動いてるだけです。
でも、つい見ちゃいます(笑)

赤ちゃんも動物のような動きをします。
(動物ですが)

とくに生まれたての赤ちゃんは骨がしっかりしてない分、大人に比べると身体がやわらかいです。
だから、身体の動きがアメーバのように滑らかです。

一番驚いたのは足の動きです。
尋常じゃなかったです。

大人の場合足が動くといっても足の指が動く程度ですが、赤ちゃんは違います。
足の裏が全部動いてました。
まるで足の中に何かはいってるみたいです。

体幹もすごい動きをします。
赤ちゃんの動きを真似するとすぐ分かります。
できないから(笑)

なんで赤ちゃんは体幹がめっちゃ動くかというと、大腰筋がめっちゃ動いているからです。

大腰筋は体幹の中心にあり、500個ある筋肉のなかで唯一、上半身と下半身をつなぐ筋肉です。
だから、大腰筋が動くと体幹がよく動き、上半身と下半身が滑らかに連動した動きができるんですね。

大腰筋が動くには骨盤が立った立腰姿勢が必須です。
いつも姿勢や動きのポイントをお話ししていますが、姿勢や動きのお手本は赤ちゃんや野生動物たちです。

赤ちゃんや野生動物には肩コリや腰痛はありません。
テレビや動画でもいいのでときどき見られると、姿勢や動きの改善にもより良い効果がありますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2018 All Rights Reserved.