2018/06/28

熱中症予防のために根本的原因を知ろう

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

今週、熱中症についてお話ししましたが、「なぜ、頭や肩周りに熱がこもるんですか?」と質問をいただきましたのでお答えします。

頭や肩周りに熱がこもるのは『肋骨の固さ』が原因です。

『肋骨の固さ』とは、2つの固さがあります。

一つ目は筋肉の固さで、
・肋骨の筋肉がこっている
・肋骨の筋肉が疲労している
・肋骨の筋肉が動いていない
状態です。

二つ目は骨の固さで、
・肋骨がゆがんでいる
・肋骨が正しい形をしていない
・肋骨が動いていない
状態です。

つまり、肋骨の固さとは筋肉と肋骨自体の固さです。
この二つが固いと、心臓からの血液の流れが頭や肩に流れなくなります。

すると、頭や肩に熱がたまって、熱がこもるんですね。

だから、肋骨のコリや疲労、固さを取り除き、肋骨がやわらかく動くことが大事です。
肋骨がやわらかいと、肋骨の上にのっている肩のコリも楽になるし、心臓から頭へ血液がスムーズに流れます。

だから、熱がたまらなくなります。

肋骨をやわらかくするには、肋骨さすりが有効です^^
肋骨を手のひらでやさしくさすります。
胸まわり、脇まわり、みぞおちまわりなど順番にさすっていきます。

次のステップでやると、肋骨がやわらかくなる変化を感じやすくて効果的です。
1.右側の肋骨をさする
2.左右の肋骨の違いを感じる
3.左側の肋骨をさする
4.また肋骨を感じる

どうですか?

朝目覚めたら、すぐやるのがオススメです^^

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2018 All Rights Reserved.