桑名市の整体院

桑名市で整体をお探しなら、痛みとシビレ専門のにこにこスタイルへどうぞ。腰痛などの症状でお悩みの方が近隣の地域から多数来られています。駐車場完備。ご予約はこちら→0594-32-0225

ひざ痛を解消!正座エクササイズ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます、出戸です!

今日は、走っているとひざが痛くなるあなたのために、ひざ痛の解消法をお伝えします。

日常生活でひざ痛はないけれど、長時間歩いたり、走ったりすると、ひざが痛くなってしまう。
こんなお悩みありませんか?

あなたのひざ痛が出ないようになる解消法をお伝えしますね。

さて、どんな方法でしょう?

続きは動画で!

痛みが出ないようになる対処法は正座を正しくすることです。

「えっ?正座で良くなるの?」

と思われた方もいるのではないでしょうか。
正しく正座をすると、ひざの負担が減るのです。

ひざの上にある股関節と足首の関節が、正しく正座をすることで柔らかくなるため、ひざの負担が減るのです。

それでは、正しい正座とはどのようなものでしょうか?

ポイントは2つあります。
・股関節をしっかり折りたたんでから身体を持ち上げる。
・正座をするときに左右の足首を揃え、かかとの上にお尻を乗せる。

正座をする時は、まず、左右の足首を揃えて、股関節でお辞儀をするように身体を折りたたみ、お尻を後ろに突き出すように、ゆっくりとかかとの上にお尻を乗せましょう。
そして、ゆっくりと上半身を起こしましょう。

この時、背中を丸めずに、太ももの筋肉に力が入らないようにするのが大切です。

正座から立ち上がる時も同様です。
かかとを揃えた状態で、股関節を折りたたんでお尻を浮かせると、スーッと身体が持ち上がります。

繰り返し、この動きを行うことで、足首が楽に座れるようになってきます。
太ももの筋肉をあまり使わずに立ち座りをすることで、太ももと連動して働くふくらはぎの筋肉がゆるみ、足首もしっかりと柔軟性を取り戻すことができます。

足首と股関節がやわらかくなることで、結果的にひざの負担が減るのです。
ひざが痛くて、股関節と足首がかたい人は、この正しい正座の動きを繰り返し行うことで、長く歩いたり、走ったりしてもひざが痛くならなくなりますよ。

まずは、10回を目処に無理なく実践してみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2019 All Rights Reserved.