桑名市の整体院

桑名市で整体をお探しなら、痛みとシビレ専門のにこにこスタイルへどうぞ。腰痛などの症状でお悩みの方が近隣の地域から多数来られています。駐車場完備。ご予約はこちら→0594-32-0225

大腰筋が使われる歩き方をマスターしよう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます、出戸です!

「直立二足歩行(ちょくりつにそくほこう)」。
四つ足ではなく二つ足で歩いているのは、動物のなかで人間だけ。

つまり、二つの足だけで立って歩くのはそれほど高度ということ。
他の動物に比べ、大きく脳が発達した人間だからなしえることです。

しかーし、現代人の歩きは高度と言えるレベルではなくなりつつあります。
だからこそ、ポイントをおさえて歩きましょう!

ポイントは動画で!

今回も歩き方の基本の続きです。

前回は、大腰筋のあるみぞおちの少し下が足のつけ根だとイメージして歩くのが大事だというお話をしました。

しかし、イメージして歩くのは難しいですね。
イメージしながら歩くと他のことが考えられないし、脳も疲れます。

そこで、自動的にみぞおちの少し下あたりを使って歩ける方法をご紹介したいと思います。

◎みぞおちの指2~3本下あたりの服をつまんで、歩き始める
つまんでいる服の部分が前にいる、服が前に出るから、足が出るというイメージ。
これを行うと、足が勝手に前に出て、歩きやすい。

◎なぜ?
大腰筋が使われるから。

・ほとんどの人は足で歩こうとする
 →足を前に出すことが歩くことだと思っているので、足を前に出して歩こうとする。

・みぞおちの下の部分の服をつまむと…
  自分では歩いている感覚が無いのに、勝手に足が前に出る状態

 腕や足の筋肉(アウターマッスル)は使っているのが分かりますが、インナーマッスルは、使っていても使っている自覚が全くない、でも体が動いてしまっている状態です。

 ・足が勝手に出る
 →大腰筋(インナーマッスル)を使って歩いている状態ということです。

 ぜひマスターしよう!!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2019 All Rights Reserved.