桑名市の整体院

桑名市で整体をお探しなら、痛みとシビレ専門のにこにこスタイルへどうぞ。腰痛などの症状でお悩みの方が近隣の地域から多数来られています。駐車場完備。ご予約はこちら→0594-32-0225

インソールは使うべき?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます、出戸です!

「靴のインソールは、使ったほうがいいですか?」

今日は、靴シリーズ動画をご覧になった方からの、こんな質問にお答えします。

あなたが歩いていて足が痛くなったり、すぐ疲れてしまうようでしたら、インソールはおすすめしません。

その理由は!?
今日はあなたに、インソールをおすすめしない理由を具体的にお伝えします。

続きは動画で!

あなたの足にとって一番快適な状態は、どんなときなのでしょうか。
これは当然、裸足の時なんです。
靴下も何も履いていない素足の状態が、足にとっては最も良い状態です。

なぜなら、それが本来の身体だからなんです。

普段靴下を履くかと思いますが、(できれば5本指の靴下が良いです)そこにさらにインソールを付けてしまうと、かえってそのクッションが足の機能を衰えさせます。

太古の昔は、素足で地面を歩いていたわけです。
ですが、石ころで怪我することもありますし、現代はアスファルトも多く裸足で歩くには地面が固すぎるので、靴は履いた方がいいです。
しかし、そこにインソールが加わったり、足の裏のクッション性が高すぎてフワフワしている靴は、足の機能を損なわせ、足の裏で重心を感じ取れなくなるのです。

本来は素足で地面に立った時に、一番強く当たる部分とあまり当たらない部分があって、脳はそれを足の裏で感知し、そこでしっかりとバランスが取れるようなっています。
ですが、フワフワのものがあることによって、足はどこでバランスを取ったら良いのか分からなくなってしまうのです。

そうすると、常に足は、このバランスをどこで取ったら良いのかを探し続けてしまいます。
その状態が続くと身体もとても不安定になり、足・ふくらはぎ・太もも・上半身・肩回りなどが痛くなってしまいます。

どうしても筋肉に緊張が入ってしまい、力んでしまうので、歩いていてもすぐ疲れてしまったり、足が痛くなることに繋がりますので、柔らかすぎるソール等は避けると良いですね。

また最近で多いのは、「ソールが土踏まずを支えるので足が疲れない」と謳っている靴もあります。
土踏まずが圧迫されると一時的に楽な気がしますが、ずっと圧迫されることで足の裏を通っている神経・血液の流れが滞ってしまいます。

本来つかないところがついてしまっているので、そこが圧迫されることでその周辺の筋肉が疲労を起こし、固くなります。
足の裏が固くなると、足首が固くなります。
足首が固くなると、ふくらはぎ・ひざ・ふくらはぎまで固くなってしまうのです。

そうなると、下半身がすぐ疲れてしまい膝が痛くなったり、股関節が痛くなったりという事につながりますので、インソールや柔らかいソール等はできるだけ使わないほうがいいです。

ですので、靴選ぶときは、
・裏底がついて滑らないようになっているもの
・できるだけフラットで硬めのもの
を選ぶと、足が本来の状態になりますし、それに慣れてくると足が疲れなくなりますので、その点を気を付けながら選ぶようにしてみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2019 All Rights Reserved.