2017/12/06

内臓が疲労していると腰痛になる理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -

はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。

詳しいプロフィールはこちら

昨日は肩こりの話でしたが、実は内臓疲労からおこる症状は肩こりだけではありません。
腰痛もおこります。

なんでか?
(昨日読まれた方はわかりますよね?)

内臓が疲労していると、おなかが痛いときと同じように猫背のような姿勢になりやすくなります。
すると、この背中側の筋肉が伸ばされます。

筋肉は伸ばされると、伸びすぎてちぎれちゃわないように緊張して縮もうとします。
だから、伸ばされっぱなしの筋肉は、伸ばされながらも常に緊張しつづけて疲労します。

特に背中の筋肉の一番下。
つまり、腰の筋肉は疲労がどんどんたまります。
そして、疲労が限界に達すると腰痛になります。

なので腰を良くする治療や整体、施術をやってても、

・腰痛が再発してしまう
・なかなか良くならない
・慢性的に腰痛がある

という人は、内臓疲労が解消されないから腰が疲労しやすいかもしれません。
だから、また腰痛になってしまったり、なかなか腰痛が良くならないっていうふうになるんですね。

内臓疲労すると内臓の病気に限らず、いろんな症状がおこりやすいです。
正しい姿勢をキープできなくなるので当たり前といえば当たり前ですよね。

内臓疲労って大事なんですね。

もし、内臓疲労が気になる方は遠慮せず聞いてくださいね。
おいしいものがもっとおいしく食べられますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -

はじめまして、出戸 啓介(でと けいすけ)です。

詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2017 All Rights Reserved.