桑名市の整体院

桑名市で整体をお探しなら、痛みとシビレ専門のにこにこスタイルへどうぞ。腰痛などの症状でお悩みの方が近隣の地域から多数来られています。駐車場完備。ご予約はこちら→0594-32-0225

変形性膝関節症の人がやってはいけない立ち方①

WRITER
 
変形性膝関節症の人がやってはいけない立ち方①|三重県桑名市の整体にこにこスタイル
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

おはようございます、出戸です!

変形性膝関節症
(へんけいせいひざかんせつしょう)
の人が

やってはいけない立ち方
をご存知ですか?

変形性膝関節症は
慢性的なひざ痛によって
おこります。

そして、
ひざの周りが
太くなってくるんですね。

ひざが太くなるくらい
ひざ関節がズレると

・軟骨のすりへり
・骨の変形
・ひざの靭帯(じんたい)への負荷

がおこり、
変形性膝関節症になるんです。

そんな
変形性膝関節症の人が

クセで無意識にやってしまう
立ち方があるんです。
このクセが原因で、、、

続きは動画で!

変形性膝関節症の人が
やってはいけない立ち方は

「片足重心の立ち方」
です。

一般的にいう
「休めのポーズ」ですね!

片足重心で立つと
脚が外側にひっぱられます。

すると、
ひざ関節の内側は
つぶれ、

ひざ関節の外側は
ひらく、

というように
関節がズレてしまうんです。

その結果、
ひざ関節が変形し、
痛くなってしまいます。

なので、
両足に体重がのるように立ち

ひざ関節がズレないように
立つことがおすすめです。

詳しくは動画で!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA