2017/12/29

整体師が教えるカボチャの切り方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

今日は、力をつかわずにカボチャを切る方法をお伝えします。
もちろん、カボチャ以外にも使えます。

カボチャは野菜のなかでも固いので、より身体能力が試されます。
なのでカボチャを選んだというワケです(笑)

力をつかわずにカボチャを切るには、どれだけ肩甲骨を使えるかが大事です。
肩甲骨から包丁をあやつれれば、腕の力はほとんどいりません。

肩甲骨を使うためには、カボチャを切る前に肘の平(肘の反対側)を以下のように動かします。

肘の平を上へ向ける

肘の平を横へ向ける

肘の平を上へ向ける

肘の平を横へ向ける

肩甲骨から切る。

上手にできると片手でカボチャをさばけます。
文章だとわかりにくいと思うので、実際に私がチャレンジしてみましたので動画でどうぞ!

包丁ナシでしっかりコツをつかんでからやってくださいね。
肩甲骨から包丁がつかえると、料理してても肩がこらないどころか肩こりが軽くなります。

なので、料理がしたくなります。
料理が楽しくなります。
料理中にイライラしなくなります。

肩甲骨で料理をたのしんじゃおう!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2017 All Rights Reserved.