2018/06/04

痛みや不調が再発しないために「立腰(タテゴシ)」を知っておこう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

痛みや不調が再発しないためには「立腰(タテゴシ)」が大切とお話しました。

今日詳しくお話しする「立腰(タテゴシ)」をマスターすると以下の3つが手に入ります。
あなたはどれを手に入れたいですか?

・痛みや不調、コリが解消する
・羽がはえた軽い身体になる
・再発したらどうしようという不安が消滅する

昨日すこしお話ししたのでもう知っていると思いますが、「立腰(タテゴシ)」には2つあります。

1.腰を立てる
2.腰が立つ

1.腰を立てるとは
・意識して骨盤を立てる
・頑張って骨盤を立てる
・力をいれて骨盤を立てる
です。

反対に

2.腰が立つとは
・意識しなくても自然に骨盤が立つ
・頑張らなくても楽に腰が立つ
・力をいれなくてもゆるんでるのに腰が立つ
です。

私たちが目指すべきは2の腰が立つです。
1の腰を立てるはしんどいし、つづかないからです。

腰が立つにはどうしたらいいのか?

『大腰筋を活性化させる』です。

大腰筋とは骨盤にあるインナーマッスルです。
インナーマッスルの中でも身体のもっとも深いところにあるインナーマッスルです。

つまり、「身体のもっとも深いところにある筋肉をしっかり働くようにする」ってことです!
次回は『大腰筋を活性化させる方法』をお話ししますね!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2018 All Rights Reserved.