2018/01/31

整体師が教える肋骨の柔軟性アップ法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

昨日は足のケガを9割なくす方法として、肋骨をやわらかくしましょうとお伝えしました。

今日はだれでもカンタンに柔軟性をアップさせる方法をお伝えしますね。
肋骨がやわらかくなるといろんな効果があります。

一例ですが
・足のケガをしなくなる
・足の痛みが改善する
・呼吸がしやすくなる (肺活量がアップします)
・酸素が脳にいきわたるので、集中力がアップする
・バストアップする

肋骨やわらかくしたくなりますね。

肋骨の柔軟性をあげるといってもやわらかさにはレベルがあります。
なので、やわらかさのレベルによってやるべき方法も違います。

今日お伝えするのは初心者向けの方法です。

1.仰向けに寝ましょう。

2.ゆっくりと両手でバンザイします。
ゆっくり身体を感じながらバンザイすると、胸がもちあがるのが分かると思います。

3.2でもちあがった胸の位置をキープしたまま両手をおろします。
ほとんどの人は手をおろすときに胸も一緒におろしてしまいます。
コツは胸がもちあがったまま手をおろすことです。

4.2~3を繰り返します。

すると、だんだん胸がもちあがってくるはずです。

はじめはわからなくても繰り返しているとわかるようになりますよ。
やればやるほど胸がもちあがります。

この体操をやると肋骨の中心、胸の真ん中にある胸骨(きょうこつ)という骨がもちあがります。
胸骨がもちあがると肋骨はやわらかくなります。
胸骨が正しい位置に近づくからです。

ほとんどの人は胸骨が正しい位置よりもさがりすぎています。
慣れてきたら立ったままでもできるので、チャレンジしてみるといいです。

デスクワークの合間や家事の合間にもピッタリの体操です。
毎日やってくと胸骨が正しい位置でキープされるようになり、胸骨がさがらなくなりますよ!

今日こそ、胸骨もちあげてバストアップして出かけよう!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、出戸 啓介(でと けいすけ)です。 痛みや不調を根本的に改善するための情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 桑名市の整体にこにこスタイル , 2018 All Rights Reserved.